株式会社Geolonia(ジオロニア)と一般社団法人不動産テック協会が、日本全国の住所マス ターデータを誰でも無料で利用できるオープンデータとして公開しました

2020年8月5日、
株式会社Geolonia(ジオロニア)と一般社団法人不動産テック協会が、日本全国の住所マス ターデータを誰でも無料で利用できるオープンデータとして公開しました。 

今回公開した住所マスターデータ「Geolonia 住所データ」は、ユーザーが持つ顧客データ ベースなどに含まれる住所データの正規化に活用できるほか、住所から緯度・経度への変換 (ジオコーディング)、各種GISソフトウェアなどで利用可能です。

利用に際して条件はなく、どなたでも無料で利用することが可能です。

▮住所マスターデータ「Geolonia 住所データ」
https://geolonia.github.io/japanese-addresses/

住所データ仕様
▮ファイルフォーマット :CSV

▮列(項目)

  • 都道府県コード
  • 都道府県名
  • 都道府県名カナ
  • 都道府県名ローマ字
  • 市区町村コード
  • 市区町村名
  • 市区町村名カナ
  • 市区町村名ローマ字
  • 大字町丁目コード
  • 大字町丁目名
  • 緯度(代表点)
  • 経度(代表点)

本データは、国土交通省位置参照情報ダウンロードサービスで配布されている「大字・町丁目レベル位置参照情報」をベースとしていますが、「大字・町丁目レベル位置参照情報」データは年に一回更新であるのに対して、本リポジトリで配布するデータは毎月更新しています。

▮本データは、以下のデータを元に、毎月 Geolonia にて更新作業を行っています。

関連記事
第7回 郵便局の郵便番号簿データをダウンロードして、郵便番号・住所検索用のアプリをAccessで作成してみる。

第6回 EXCELで作成した住所録をAccessに取り込んではがき宛名印刷をしてみる。

第1回 ACCESS(アクセス)データベース作成ソフトを使ってみたいと思っている方へ


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする