Googleが、新型のキャストデバイス「Chromecast with Google TV」を発売開始しました。

2020年11月25日、
Googleが、新型のキャストデバイス「Chromecast with Google TV」を発売開始しました。 価格は7,600円(税込) 

動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のスタンダードプランの視聴権6カ月分(税込み5,280円相当)がセットになったバージョンが11,200円です。

▮4K/HDR対応で音声操作など性能的に競合するAmazonの「Fire TV 4K」が、6,980円(税込)なのでほぼ同価格です。

▮Chromecast with Google TVは、従来のChromecastとは異なる点があります。
スマートフォン、タブレット、パソコンの指示からではなく、単独で付属のリモコンを使って自ら動画や音楽を再生できるようになりました。

Google Chromecast with Google TV

本体の外形寸法:162×61×12.5mm、重量は55g。

▮Chromecast with Google TVのリモコンには、クラウドベースのAIエージェント「Googleアシスタント」を利用するためのボタンが備わっています。 但し、「OK, Google」と呼びかけて音声入力を始める操作には対応していません。

▮スマホ、タブレットやPCからのキャストにも対応しています。

▮テレビとリモコンの設定
テレビのメーカーを選び、電源と音量ボタンの動作確認を行なうだけで、Chromecastのリモコンがテレビのリモコンコードを学習します。

▮2020年11月25日現在、主に以下の動画/音楽配信サービスに対応しています。
YouTube、Netflix、Amazon Prime Video、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXT、Paravi、DAZN、FOD、YouTube Music、Spotify、AWAなど。

Google ストア サイト


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする