カードサイズの超小型SIMフリー携帯「Niche Phone-S+」VoLTEにも対応し、新登場しました!

本日は、以前から発売されていますが、珍しい小型の携帯電話なので紹介します。

カードサイズと超小型で、SIMフリーの携帯「Niche Phone-S+」です。
正規販売価格 15,800円(税込)

2021年3月3日から、クラウドファンディングサイトの「MAKUAKE」で先行販売を開始(4月18日まで。5月出荷予定)

これまで展開していたモデル(S 4G)がVoLTE対応になりパワーアップしました。

2017年11月から販売されている3G対応「NichePhone-S」の後継モデルで、2018年9月14日にLTE(4G)通信に対応したモデル「NichePhone-S 4G」を発売しています。

VoLTEに対応した第3弾「NichePhone-S+」とは何が違うのでしょうか?

ついにVoLTEに対応した(ドコモ/ソフトバンク回線で利用可能になています)事です。

対応バンド:LTEが1/3/8/19、W-CDMAが1/6/8、4バンドGSM。

Niche Phone-S

▮本体サイズ/重量:
約90×50×9.5mm/約52gと、NichePhone-S 4Gから変わらずです。

端末の機能
・VoLTEによる高音質通話のほか、プレフィックス番号の追加機能
・4Gのデータ通信によるテザリング機能
・ICレコーダー機能を装備
・Bluetoothヘッドセットでの通話も可能
・本体内蔵ストレージに保存したMP3データのBluetooth経由での再生なども備えている

・「MAKUAKE」 サイト
https://www.makuake.com/project/nichephone_s_plus/

・「NichePhone-S 4G」 フィーチャーモデル サイト
http://futuremodel.co.jp/product_list/FmProduct_list/Niche_Phone-S_4G.html

関連記事
ビックカメラ札幌で、9月14日に発売したカードサイズのSIMフリー携帯電話の4G対応モデル「NichePhone-Sの販売を開始していました。

フューチャーモデルが、カードサイズのSIMフリー携帯電話の4G対応モデル「NichePhone-S 4G」を9月14日に発売

【商品紹介】 電話とテザリングしか出来ない、カードサイズの「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」良いなこれ!。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする