【格安スマホ】中国のXiaomi(シャオミ)が、1万円台のサブブランド「POCO」のエントリー向けスマートフォン新製品「Xiaomi POCO M3」をグローバル発表

2020年11月24日、
中国のXiaomi(シャオミ)が、1万円台のサブブランド「POCO」のエントリー向けスマートフォン新製品「Xiaomi POCO M3」をグローバル発表。  日本での発売は未定ですが、そのうち販売されるでしょう。

本体価格は、なんと129ドル(約1万3500円)です!!  今までの1万円台と違います。

1万円台の格安スマホはちょと。。。記載していたし、考えてしまいましたが、これは、侮れないくらい高性能です。 どんどん「価格破壊」が起きていますね。 良い傾向です。

こんな携帯電話ごときに、10万円もするものが主流になっている事自体が、馬鹿げています。

Androidスマートフォン端末をお勧めするときには、現在、MOTOROLA(モトローラ)、OPPOオッポ)、ASUSなど複数有りますが、価格的には、どれも2万円台で、メモリが4GBくらい搭載され、バッテリーが大容量(4,000mAh以上)のAndroid端末をお勧めしていましたが、もっと安くて良い端末が出てきました!!

スマートフォンが、1万円や2万円台でまともに使える端末が、出てくれば、たかが、文房具に、コンピューターでもないのに、5万円とか、10万円も支払う必要もなく、これで十分です。 新しいMacなどは、中身(デバイス)が、スマートフォンと同じ、ARM版のSOCになります。

バッテリー容量はなんと6,000mAhで、バッテリーのもちがいいのが一番です。

4,5年以上、何年も機種変更もしないで、後生大事に持っていたいなら、こんな電池の減りが少ない端末が一番です。プロセッサも、2万円台で買える端末と同じくらいの性能ですので、サクサク動くでしょう。

POCO M3

POCO M3

本体サイズ:W77.3×D9.6×H162.3mm、重さ:198g。

スペック
■OS     :Android 10ベースの独自UI「MIUI 12」
■プロセッサ:ミッドレンジ向けのSnapdragon 662を採用
■メモリ  :4GB
■ストレージ:64GB / 128GBを選択可能
■画面   :6.53インチ 大画面フルHD+(2340×1080)液晶を搭載。
■電源ボタン兼用の指紋認証センサー
■デュアルスピーカー、3.5mmイヤホンジャッなどの搭載。

■通信     :デュアルSIM(nanoSIMカード)をサポートし、microSDカードスロットも別途搭載する2+1スロットを内蔵。

■バッテリー容量:6,000mAhで、バッテリー寿命が長い高充電サイクルバッテリーを採用したという(最大1,000回充電可能)。
▮18Wの急速充電にも対応。

■カラー :POCO Yellow(黄色)、Cool Blue(青)、Power Black(黒)の3色展開。

・Xiaomi Japan
https://www.mi.com/jp/

関連記事
大容量バッテリー搭載で、2万円弱で買える格安スマホ「moto g8 power lite」が欲しい。

今まで、タダ同然で手に入れた「iPhone」が高くて買えなくなったユーザーは、「Android」スマホにすれば。。。です。

ASUS が、ストレージを64GBにしたSIMフリースマートフォン「ZenFone Max(M2)」の新モデルを11月29日より発売すると発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする