Windows 7以降に対応したインストールメディアの作成ツール「Rufus」の最新版が公開。

2021-10-27、
Windows 7以降に対応したインストールメディアを作成できるツール「Rufus」の最新版v3.16がリリースしました。

今回の更新で、「Windows 11」をインストールするには、最小システム要件の「TPM 2.0」や「セキュアブート」、8GBのメインメモリなどの要件を満たす必要があるのですが、これを回避してセットアップできるようにしたことです。

但し、Microsoft社は、最小システム要件を満たさないデバイスには、更新プログラムの提供が保証されないので、今後、パッチの提供が、どうなるかは不明です。

Rufu

「Rufus」は、OSのISOイメージファイルをUSBドライブへ書き込んでインストールメディアを作成するツールです。そして、Windows以外にも、各種LinuxディストリビューションやBSD系OS、DOSなどのOSもサポートしています。

こんなときに便利です

  • 起動可能なISOファイル(Windows、Linux、UEFIなど)からUSBインストールメディアを作成するとき
  • OSがインストールされていないシステムを使うとき
  • BIOSや他のDOSファームウェアを更新するとき
  • ローレベルなユーティリティを使うとき

・システム要件
Windows 7以降の32bit・64bit版のWindows OS

※インストールメモ
実行ファイルをダウンロードし起動するだけ、インストールは不要です。
もちろん、作成するには、容量が8GBくらいの「USBメモリ」1本が必要です。

・「Rufus」 ダウンロードサイト
https://rufus.ie/ja/

関連記事
EaseUS Softwareが、WindowsをUSBメモリに入れて持ち運べるポータブルOS作成ツール「EaseUS OS2GO」の販売を開始しました。

CHENGDU AOMEI Technology社が、高機能な無料パーティション編集ソフト「AOMEI Partition Assistant Standard」の最新版v7.0を公開

ハードディスク(HDD)を丸ごとバックアップできるフリーソフトとHDD、SSDについて

MacBook Airに、Boot Campを使って「Windows 10 」を入れてみる


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする