総務省とキャリアの攻防一覧

【面白記事】『通信料が安くなる?』『スマホが高くなる?』全部間違いです。

決算説明会で予告された「2~4割程度の値下げ」を実行する形で登場した、NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」が発表になりましたが、本当に安くなったのでしょうか?家族など、3回線以上契約が有れば、少し安くなるでしょうが、まだ、全然、高いように思います。

NTTドコモが、中古端末におけるSIMロック解除の受付条件を変更すると発表しました。

他の土管屋より、一足早く、2019年2月20日(水曜)からSIMロック解除の受付条件を以下のとおり一部変更すると発表しました。 <総務省が義務化> 2019年9月1日以降、中古ショップなどで購入した中古端末のSIMロック解除に応じるよう、携帯3社に義務付けています。

【分かりずらい記事】総務省が大手系列調査 格安スマホ速度の優遇有無、補助検証?

”大手系列側は違いがあったとしても対価を支払っていると説明しており、調査では大手が金銭補助して事実上負担していないかを検証する。” と記載されているが。。。はて? 物理的な問題なのか? 大手が金銭補助して事実上負担していないか?  金を出せば、速度が出せる様になるのか?

【面白記事】これでいいのか? 公取委「携帯電話 意見交換会」の違和感 ── 信憑性乏しい調査、「有識者」発言の疑問

公正取引委員会は、携帯電話分野における競争政策上の課題を整理する「携帯電話分野に関する意見交換会」を計3回、開催したようです。 初回は非公開で、残り2回は傍聴が許されていたので、会議室での議論を取材した中で、総務省でも同じような議論が出ていますが、ちょっと、有識者がおかしい様です。

【面白記事】「ケータイ料金、総務省の横ヤリのせいでまたキャリアが儲かる方向に」

去年12月から「総務省」で議論していた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の報告書が公開されましたが、キャリア各社は何とか要望に応えるべく、出してきた、セコイ料金プランの数々を見て、知能の低い「大衆(スマホユーザー)」を上手く誘導する仕組みを考えつくな。。。と感心するばかりで、こんな能力あるのなら、「土管(通信回線)」だけでなく、もっと他の収益構造を開発できないものか? と思うのですが、このレベルでしかないんでしょうね。

ITproの記事「MVNOの純増数はほぼ横ばい、暗躍するY!mobile」がちょっと面白い。

Y!mobileは、ソフトバンクの子会社なので、ソフトバンクは2つのブランドを合算して報告しているので、総務省はY!mobileの契約数すら把握できていない。NTTドコモはサブブランドは持っていないが、auは「UQ mobile」も持っていますので、純粋のMVNOから、不満が集中しています。

総務省が、キャリア3社によるスマートフォン端末の安売り規制を強化する販売指針に対して、一般から公募した意見がちょっと的外れで哀れな件。

この問題は、安倍首相が「携帯電話料金の家計への負担が大きいことが消費拡大の阻害要因である」として、高市総務大臣に解決を指示したのは、2015年9月のことでした。 そもそも、「携帯電話料金の家計への負担が大きいことが消費拡大の阻害要因である」が間違っているのです。

2016年、総務省の「実質0円販売禁止」で、ちょっと流れが変わった携帯電話業界と2017年はどうなるのか? 

携帯電話業界には、キャリア(MNO)3社とMVNOが存在していますが、まだまだ、MVNOの存在自体、何なのかも分からない国民は腐るほど居ます。 スマホさえも使いこなせない国民が、圧倒的に多いので、使いこなせもしない奴に、「錯覚」を抱かせて、「端末代金はタダだよ」と言ってを売らないと、売れないのです。何故なら、使いこなせもしない端末を高い金を出して買う訳がないからです。

総務省とキャリアの「不毛な攻防」劇

まあ、このことさえも何も知らないユーザーが多勢に無勢を占め、国民は、ユザーは、なんにも関係ないという雰囲気の中、キャリアの決算が発表になりましたが儲けていますよ。 総務省に頭を叩かれても、全然関係ありません。 総務省も、味方になるべきユーザーが、そっぽを、いや、こんな事も知らないので、孤立無援の戦いをしているのです。

総務省の「MVNOの普及を促す」作戦が、失敗する原因とは。。。

この作戦、総務省が消費者、国民の為を思ってやっているようだが、だーれも賛同してくれないんでは。。。。 総務省が、キャリアに指導を入れても、低レベルの国民は「白けた顔」して、静観していますよ。 「もっとやれ」などと、誰も言わないのが現実でしょう。 なぜ、低レベルの無知な国民は賛同しない?