【ニュース】NTTドコモが、月額2980円で20GBの新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。提供開始は2021年3月から

2020年12月3日、
TOBが終了し、NTTの完全子会社なったNTTドコモが、月額2,980円で20GB、若者向けの新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。 

提供開始は、2021年3月から。 契約は、実店舗でなく基本的にオンラインで受け付けるほか、サービスを絞り込むことなどで効率化を図っています。

さあ、NTTドコモ本体が、料金を下げてきました。この月額2,980円だと、「楽天モバイル」の料金と同じになります。 AUとソフトバンクのサブブランド UQ、ワイモバイルよりも安くなりますので、大変です。

UQとワイモバの新料金予定

UQモバイルが、データ20GBで3,980円の新料金プランを2021年2月から

ワイモバイルが、データ20GBと10分以内の国内通話無料をセットにした月4,480円のプランを今年2020年12月下旬から

それぞれ提供すると発表していた。

このサブブランド2社の発表は、吹っ飛ぶでしょう!!! だって、サブブランドの方が、ドコモより高いのですから。。。。アホか!

横並び「腐れ土管屋」3兄弟ですので、1社が裏切ると、他の2社も追随しないと、客に逃げられますので、さあ大変。。。。

予想通リ迎えたこのチャンス、クソ「土管屋(AU、ソフトバンク)」2社は、どう対抗するのでしょうか?

ドコモは、サブブランドは今のところありません。 他の土管屋は、ブランド本体の値下げをどうするのか? 高みの見物としましょう。

どうせ、小賢しいまねをするか、ドコモに、横並びで追随するしか、能は無いでしょう。

現在、キャリアは、楽天も含めて4社になったのですが、楽天はまだ、ちょっと「戦力外」です。

「楽天モバイル」の通話・データ通信とも無制限で月額2,980円が威力を発揮するには、設備的にしばらく掛かりそうですので、他のキャリアが月額2,980円で使い放題と言うのとは違います。

「楽天モバイル」の「三木谷」兄さんも、他者が同じような料金額を出してくれば、まだ、戦うと言っていましたので面白くなりますが、楽天の場合は、初めたばかりで、戦力的には、AUのローミングに頼って居るところもあり、100%他のキャリアと同等とは言えない状態です。しかし、他の土管屋と違い、コンテンツを持っていますので、それを生かして、サービスを提供すれば、設備を速く整えて、何とかやって行けるでしょう。

今回、「NTTドコモ」が出したプランは、若者向けの新料金プランらしく、他のキャリアから、若い顧客を奪う気が満々です。

ドコモの新プラン内容
■月間データ容量は20GBまで利用でき、20GB超過後でも最大1Mbpsの通信速度で利用可能。20GBの月間データ容量は、海外82カ国・地域でも追加料金なく利用できる。

■月額:2,980円(税別)で、20GB/月
■事務手数料等を省きシンプルに
■手続き・サポートはオンラインのみ
■キャリアメールなし
■5分までは通話無料(5分を超える国内通話は20円/30秒)

・月間データ容量は、必要に応じて1GBあたり500円(税抜)で追加することが可能。
・通話を多くされるユーザーには、月額1,000円(税抜)で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションを用意。

注意すべき点
安くなったからと言って、そう簡単には変更できないハードルがありますので。。。

・まず、契約できるのはドコモショップではなく、専用サイトのみです。

・ahamoを契約できる年齢が20歳以上

・家族割引きが適用できない

・他社からahamoに乗り換える場合、
NMPの予約番号、支払いの口座情報を事前に用意したうえで、専用サイトから申し込む必要があります。

・利用できる機種が限られる可能性もあります。

・ドコモが提供しているサービスに内、dアカウントとdポイントは引き継げる。
しかし、ドコモメール(いわゆるキャリアメール)は引き継げません。

追記> 2020年12月5日(土)  ————-
「ahamo」は、当初、ドコモの「サブブランド」として検討していたのを急遽止めたたのではないか? と言われています。

それは、ドコモユーザーであっても「ahamo」への変更は、KDDIやソフトバンクからahamoに変更する場合と同じく、下記の手続きが必要なのです。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 毎月の支払方法に設定する銀行口座情報やクレジットカード

上記の3点を用意した上で、ahamoの専用サイトから申込手続きを行う必要があるのです。

ちょっと、面倒くさいので「情弱者」には、自力で変更するのは無理でしょうね。

MNP転出手続きが必要なのは、「別ブランド」や「別会社」として準備されていたものを急遽、変更した結果の名残といえそうだと言われています。

総務省が、auやソフトバンクが料金を安くしたプランを出してきたが、「安くしたのは、サブブランドだけだろう」と指摘されたことによる、ドコモのビビリでしょう。当初は、「OCNモバイル」をドコモのサブブランドにしようとしていた計画も見え隠れしますので、当たらずしも、遠からずというところでしょうか。。

「あのドコモがこんなプランを発表するなんて、何か裏があるのでは」などと、アホの勘繰りが出ていますが、今回、NTTの完全子会社になったのは「NTTドコモ」ですが、親会社である「NTT」の大株主は「政府」なのです。

だから、「政府の意向に逆らうような事をできる訳ないでしょう」と言う事です。——————————————————————

関連記事
【ニュース】日本通信が、月間20GBで1980円の新プランを発表「MVNOの代表としてドコモに対抗」

【おもしろ記事】ドコモショップでアプリ設定を有料サポート!? 1アプリ1,650円でも安くない?

【小賢しいやり方】携帯電話大手2社が新料金プラン? 違うだろう、サブブランドだろう!


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする