スタートアップに登録された常駐ソフトを遅延起動させるツールアプリ「Windows遅延起動スタートアップTool」最新版v1.1がリリース

2016年5月26日、
スタートアップに登録された常駐ソフトを遅延起動させるツールアプリ「Windows遅延起動スタートアップTool」最新版v1.1がリリースしました。

従来のWindowsアプリと同様に、「Windowsストア」アプリも自動実行(遅延実行)の一覧に乗せることが可能です。
Sponsored Links





win_ser_startup_tootl_001

通常、スタートアップで自動起動するアプリを抑制するアプリとしては、「スタートアップチェッカー」や「Autoruns for Windows」を使用するのですが、Windows10からは、「タスクマネージャー」からスタートアップのアプリを有効・無効などコントロールできるようになりましたので、必要なくなりました。

しかし、「Windows遅延起動スタートアップTool」は抑制するのではなく、Windowsのアプリを遅延起動させるためのアプリです。常駐ソフトなどの起動を、それぞれ「Windowsが起動してから何秒後に起動する」という設定が出来る様になります。

対応OS
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10

・「Windows遅延起動スタートアップTool」 ダウンロード サイト
http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/delaystartup.html

関連記事
複数のアプリケーションを一括して起動・終了できるアプリ「まとめて起動」が便利です。
パソコンの入れ替え時など、フリーソフトを1サイトで大量にインストールできる「Ninite」サイト
CD/DVD/Blu-rayに対応する無償のライティングソフトの最新版「BurnAware Free v8.0」が公開
IObit社が、次期OS「Windows10」用ブラウザ「Microsoft Edge」をサポートした「Advanced SystemCare 8 Free」の最新版v8.3を公開

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です