Windows10にした時にできる「windows.old」フォルダーを削除できない!!!!

本日は、「Windows 10」にした時にできる「windows.old」フォルダーを削除できない!!!!。。です。

すったもんだの「Windows10」の無償アップグレードの期限も7月29日で終了です。
いやー。。もう大変でした。 わけの分かんない奴らが多すぎて、疲れる、疲れる。。。

私は、OSを製造したMicrosoft社の社員ではありませんので、分からなければ、「Microsoftのサポートに、自分で電話しろって!!!」。。。と何度も、叫びそうになりました。

さて、もう、終了しましたので、ほっとしていますが。。ちょっと問題があります。

Windows7、8.1から、Windows10にアップグレードを実施すると、C:ドライブの直下に、「windows.old」と云うフォルダーが作成されているはずです。

これは、アップグレードしたときに、以前のOSに書き戻す事が出来るように、Windows側で自動で作成されたフォルダです。

以前のOSに書き戻す必要が、無い場合は、削除してしまいましょう。 十数GBの容量を食っていますので。。。。

このフォルダを右クリックして、「削除」とやっても、アクセス権が無いと拒否されます。ですので、違う方法だと消せますので紹介します。

Sponsored Links




手順

1)エクスプローラーを開いて、c:ドライブにカーソルを当てて、右クリックして「プロパティ」を表示します。

win_old_del_001

「OK」をクリックせずに、「ディスクのクリーンアップ」をクリックする。

2)ディスクのクリーンアップ画面1

win_old_del_002

「OK」をクリックせずに、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックする。

3)ディスクのクリーンアップ画面2

win_old_del_003

以前のWindowsのインストール」にチェックを入れて、「OK」をクリックする。

これで、削除処理が、終われば、終了です。

4)エクスプローラーでチェック

win_old_del_004

C:ドライブは、128GBのSSDですので、数十GBの容量でも空くと助かります。

特に、「SSD」の場合、空きが1/3以下になると、速度が遅くなりますので、注意が必要です。

尚、「windows.old」のフォルダは、完全に削除できませんでしたが、容量を確認すると数十KBしかありませんので、放っておくことにします。


Sponsored Links









関連記事

「Windows 10」の場合、ほぼ強制的に「Windows Update」がかかるような仕組みになっています。それに加えて、ユーザーのエラー情報や診断情報、位置情報など様々なデータを採取するトラッキング機能(テレメトリー)が搭載されていて、収拾されたデータはバックグラウンドでMicrosoft社へ送信される仕組みになっています。

あとは、アプリがノートPCなど、カメラ機能を使用するなどの許可など、デフォルトでONになっています。乗っ取られると、相手に自分の顔まで見られてしまいますよ。

これらの機能を一気に、OFFにするアプリです。

※一括で、設定するならこれですね。
Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」アプリがリリース

※細かく、自分で選択したいのならこれです。
Ashampoo GmbH & Co. KGが、Windows 10のトラッキング機能を無効化することができるツール「Ashampoo AntiSpy for Windows 10」Ver1.0.2を無償公開

Windows 10への更新通知を抑止する「GWX Control Panel」がリリース

Windowsのアップデートなどの機能を簡単に有効・無効化できるツールソフト「Win Updates Disabler」

Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Destroy Windows 10 Spying」と云うツールアプリがリリース

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*