Windowsのアップデートなどの機能を簡単に有効・無効化できるツールソフト「Win Updates Disabler」

Windowsのアップデートなどの機能を簡単に有効・無効化できるツールソフト「Win Updates Disabler」です。

Windows10から、「Windows Update」は強制的にアップデートがかかる仕組みになっています。


Sponsored Links




一般的に「Windows Update」を無効化することは、セキュリティ上、お勧めできることではないのですが、ちょっと、待ってーー!! と云う時が有りますので、そんな時、一時的に止める手段としてならOKでしょう。

Win_Updates_Disabler_001

日本語に対応していますので大丈夫です。

使い方
該当のオプションを選択して「今すぐ適用」をクリックして、Windowsを再起動させればOKです。
実際には、エラーを発生させて、システムの更新処理などを実施できないようにしています。

機能
下記のWindowsの機能の有効・無効を切り替える。

Windows アップデート
Windows セキュリティ センター
Windows Defender(ディフェンダー)
Windows Defenderは、「Windows 8」以降に標準装備された総合セキュリティ機能(ウイルスやスパイウェアなど)ですので、ほかのウイルス対策アプリを入れていない場合は、止めると非常に危険な状態になります。

Windows ファイヤーウォール

対応OS
Windows XP、 Vista、 7、 8、 8.1 、10 (32・64-bit)

・Win Updates Disabler ダウンロード
http://www.site2unblock.com/win-updates-disabler/

関連記事
IObitが、Windowsのドライバーを一括更新してくれるフリーの「Driver Booster」の最新版v3.0を公開しました。
Windowsのタスクバーの動作をカスタマイズ可能なフリーソフト「7+ Taskbar Tweaker」
Stardockが、「Windows 10」のスタートメニューを「Windows 7」風にする「Start10」をリリースしました
Windows 7/8.1から、Windows 10への無償アップグレードを抑止する方法
ハードディスク(HDD)を丸ごとバックアップできるフリーソフトとHDD、SSDについて

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*