WindowsのHDDやSSDの動作状況や健康状態をチェックできるフリーソフト「CrystalDiskInfo」Ver8.6.0がリリース

2020年6月15日、
WindowsのHDDやSSDの動作状況や健康状態をチェックできるフリーソフト「CrystalDiskInfo」Ver8.6.0がリリースしました。

ストレージの中で「SSD」は、回転部品がありませんので異音などの兆候もなく、突然、壊れますので注意が必要で、このようなアプリで、定期的にチェックすると万全です。

私のデスクトップPCのストレージデバイス:240GBの「SSD」の状態ですが、取り換えたばかりですので、問題は有りません。

CrystalDiskInfo8.6

特長
・ドライブの型番、容量、バッファサイズ、インターフェースといった基本情報に、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を一覧で確認することが可能です。

・健康状態を正常、注意、異常の3段階で評価してくれます。
特にHDDのドライブの寿命を大きく左右する現在の温度とともに大きく表示してくれます。

機能追加
▮ダークモードがサポート
「Windows 10 バージョン 1809」(October 2018 Update)以降でダークモードがサポートされています。

▮スクリーンショットの保存機能
・「CrystalDiskInfo」の画面をそのままBMP/JPEG/PNG形式で保存可能です。
・テキスト(UTF-8)で保存する機能も追加。
いずれも[ファイル]メニューから利用可能。

定期的に、自分のストレージの状態を保存しておくと良いでしょう。

・CrystalDiskInfo  Crystal Dew World サイト
https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/

関連記事
Windowsパソコン ハードディスク空き容量不足の「原因と対策」について
IObitが、Windowsのドライバーを一括更新してくれるフリーの「Driver Booster」の最新版v3.0を公開しました。
Windows 10でも使えるメンテナンスに最適な定番ソフト「CCleaner」について
今年もWindows 7 , 8.1、10が重くならないように活躍してくれた、お勧めフリーソフト3本
電机本舗が、ストレージをSSDに引越しする時に便利な2つの機能を追加した「SSD最適化設定」の最新版v3.2をリリース。
ディスク占有率を可視化することのできる無償のツール「WizTree」v3.10がリリース

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする