今年もWindows 7 , 8.1、10が重くならないように活躍してくれた、お勧めフリーソフト3本

今年も、Windows 7 , 8.1、10が重くならないように活躍してくれた、お勧めフリーソフト3本です。

Windows OS側のパフォーマンス関連の設定が、ある程度、終了していれば、後は、下記3本のアプリケーションを定期的に使用して、パフォーマンスを維持し、Windowsパソコンを快適に使用できる様にしましょう。

Sponsored Links





1.「Driver Booster」 

目的、効果は、パソコンのトラブル防止とパフォーマンスの改善です。

まず、今年、一番活躍と云うか、面倒を見ているWindowsパソコンにインストールしたフリーソフトと云えば、「Driver Booster」です。このソフト、「 IObit」 と云う会社のソフトで、もちろん有料版も有りもっと高機能なんですが、フリーソフト版でも基本的な古いドライバーを探し出し、クリックするだけで、新しいドライバーをダウンロード、インストールしてくれる優れものです。

Windowsパソコンのドライバーなんて、自分で入れるのは、「プリンター」ドライバーくらいですが、ディスプレイドライバー、音源ドライバーはもちろんの事、USB、Blustooth、LAN、キーボードドライバーなど、自分であまりインストール(更新)などはしませんが、一度、実行すれば、全部、自動で最新にしてくれる優れものです。

自分のWindows7、8.1、10の入ったパソコンのドライバーを常に最新にしてくれますので、もう、手放せなくなります。

補足説明> 「ドライバー」って何? と云う方の為に。。。
正確には、ドライバーではなく、「デバイス ドライバー」と云います。
コンピュータ内部に入っている装置や、外部に接続した機器を制御・操作するためのソフトウェアで、OS(Windows)との橋渡しをする役目を負った、大事なインターフェースの役割を果たす「ソフトウエア」の事です。
Driver_Booster2_001

使い方
1)起動すると、自動で古いドライバーをチェックしてリストアップしてくれます。
2)その後、赤い「すべて更新」のボタンを押すと、ダウンロード、インストールと進んでゆきます。
3)インストールが終了すると、再起動が必要な場合が有ります。これだけです。

機能
・Driver Booster は自動的にドライバーをスキャンし、たったワンクリックで更新が出来ます。
・途中、復元の機能を有効にして、万が一に備えることもできます(復元ポイントを作成してくれます)。
・Adobe Flashや Java Runtime Enviroemntなどのアップデートも可能です。

対応OS
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10

・ Driver Booster  ダウンロードサイト (2014年12月29日現在のVer 2.1です)
http://jp.iobit.com/product/driverbooster.html

次のページは、2.「CCleaner」です。

Sponsored Links