電机本舗が、ストレージをSSDに引越しする時に便利な2つの機能を追加した「SSD最適化設定」の最新版v3.2をリリース。

2015年3月11日、
電机本舗が、Windowsの起動ディスクにSSDを使用しているユーザー向けに、OSの設定をSSDに最適化したものへ設定変更してくれるツール「SSD最適化設定」の最新版v3.2をリリースしました。

Sponsored Links





従来のSSD関連のOS設定を最適化する機能に、ストレージをSSDに引越しする時に便利な2つの機能を追加しました。

この機能を把握するには、「SSDに関する知識」と「Windows OS別の機能の有無」を、事前に学習してから、実施した方が良いでしょう。

1.メインメニュー画面

従来の①の「SSDの最適化設定」機能に、②と③の機能が追加になっています。

1)SSDの最適化設定 (従来の機能)

①の機能は、下記の当サイトに、SSDの知識、使用方法などを記載した記事が有りますので、先に、この記事を参照することをお勧めします。

関連記事
Windowsの起動ディスクに、SSDを使用しているユーザー向けに、ドライブ設定ソフト「SSD最適化設定」の最新版Ver2.1をリリース(2015年2月13日)

2)、3)は、HDDからSSDへ換装する時のチェック作業や準備で使用できる、便利な2つの機能が追加されています。

2)ディスクの容量分析機能 画面(追加機能

②のディスクのクリーンアップ機能

・「分析開始」をクリックすると、ディスク全体の構成比率を円グラフにて表示します。
・OS標準のバックアップ機能やディスククリーンアップ機能を呼び出すこともできます。
使っているうちにゴミが堆積するTempファイルの消去機能を実装、仮想メモリ、ハイバネーションなど数GB~十数GBを消費するシステム関連を最適化。

3)ディスクH/W構成調査機能 画面(追加機能

③の機能は、ディスクH/W構成調査です。
この機能を利用すると、ディスクの接続方式やパーティションアライメイント(パーティションの配置)を調査することが可能です。

(1)ウイザード形式: 「調査開始」をクリックすると、Daiarog画面が表示されます。

現在のディスクがIDEかAHCIかをチェックする機能を提供し、ワンタッチでこれを切り替える機能を提供します。

(2)上級者向け:「調査開始」をクリックすると調査が始まりますが、Windows 7で、ちょっと異常終了しましたので、これ以上先へは進めませんでした。

対応OS
Windows XP、Vista(32、64bit版)、7(32、64bit版)、8(32、64bit版)、8.1(32、64bit版)

インストール メモ
ダウンロードすると、圧縮ファイルになっていますので、まず解凍します。
インストーラーは付いていませんので、フォルダ内の実行ファイルをダブルクリックするだけでアプリが起動します。

SSDの寿命を3倍へ「SSD最適化設定」 電机本舗 ダウンロードサイト
http://www.dnki.co.jp/content/view/185/79/

関連記事
Windowsの起動ディスクに、SSDを使用しているユーザー向けに、ドライブ設定ソフト「SSD最適化設定」の最新版Ver2.1をリリース(2015年2月13日)

Windows Vista 7 8.xの起動ディスクにSSDを使用している場合の「最適化設定」方法(2015年2月11日)

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*