Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」アプリがリリース

Safer-Networking社が、Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」と云うツールアプリをリリースしました。

Safer-Networking社は、スパイウェア、マルウェア、アドウェアを検出・削除可能な無償のスパイウェア対策ソフト「Spybot – Search & Destory」を開発した会社ですので、信頼性も高いと思います。

Sponsored Links



今までのOSは、「Windows アップデート」をユーザーがある程度制御して、パッチを当てないようにすることが出来ましたが、Windows 10は、ほぼ強制的に「Windows アップデート」がかかるような仕組みになっています。

ちゃんと、「Windows アップデート」をかけている方は問題ないのですが、訳も分からず、認識しようとも思わない、低レベルのユーザーがあまりにも多いため、Microsoft社が側で管理をするような方式を取り始めています。

従って、ユーザーのエラー情報や診断情報、位置情報など様々なデータを採取するトラッキング機能(テレメトリー)が搭載されていて、収拾されたデータはバックグラウンドでMicrosoft社へ送信される仕組みになっています。

Windows 10のトラッキング機能が稼働していると、バックグラウンドで動きますので、通信環境が悪くても、パソコンの能力が低くても、マルウエアの様に勝手にパソコン内のデータを収集して、Microsoft社のサーバーに送信します。 ですので、これが嫌な方は、阻止することが可能です。 しかし、完璧に阻止する のは、不可能だと思います。

もう一つ、例えば、Web検索や音声アシスタント「Cortana」、オンラインストレージサービス「OneDrive」など、自分で使わない機能であれば、それも停止させることが可能です。

1)起動時の初期画面

「Spybot Anti-Beacon」は、Windows 10のトラッキング機能の稼働状況を把握することが可能で、[Immunize]ボタンを押せばすべてのトラッキングに関わる機能がまとめて無効化できる機能を有したユーティリティ(アプリケーション)です。

Spybot_Anti-Beacon_001

「Undo」ボタンで、元に戻すことも簡単にできます。元に戻せるのはとても便利です。

2)ブロック状態の画面
画面下の[Immunize]ボタンをクリックすると、ブロック状態になります。

Spybot_Anti-Beacon_002

オプションの機能として、[Optional]タブで、Web検索や音声アシスタント「Cortana」、オンラインストレージサービス「OneDrive」などを無効化する機能も搭載しています。

・「Spybot Anti-Beacon」 ダウンロード サイト
https://www.safer-networking.org/spybot-anti-beacon/

関連記事
Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Destroy Windows 10 Spying」と云うツールアプリがリリース(2015年12月)

画面キャプチャ、注釈挿入して情報を共有できるツール「Snip(スニップ)」β版リリース
Microsoftが、Android版 翻訳アプリ「Microsoft Translator」をリリース
Microsoftが、 Officeファミリーの新プレゼンアプリ「Sway」を一般公開

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です