Mozillaが、WebGL 2 に対応した「Firefox 51」の正式版をリリース

2017年1月24日、
Mozillaが、WebGL 2 に対応した「Firefox 51」の正式版をリリースしました。

年明け初めての正式版です。
Sponsored Links






新機能
・パスワード保存のダイアログ上で保存前のパスワードを確認できるように。

・GPU が搭載されていない環境での動画再生性能が向上。

・FLAC (Free Lossless Audio Codec) の再生に対応しました。

・WebGL 2 に対応。

・E10s が高速になり、タブの切り替えが素早くなりました。

・安全でない接続で配信されたログインページに対して警告が表示されるようになりました。

・Linux でのコンテンツ描画に 2D グラフィックライブラリ (Skia) を利用可能に。

対応OS
・Windows版
Windows XP SP 2 または 3、Server 2003、Vista、7、8、10

・Mac版
Mac OS X v10.9 (Mavericks)、v10.10 (Yosemite)、v10.11 (El Capitan)
尚、OS X 10.6、10.7、10.8のサポートは終了しました。

・Linux版

・Mozilla サイト :https://www.mozilla.jp/

・ダウンロード サイト
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

追記> 2017年1月27日
下記の問題点を修正したv51.0.1を速攻、公開しています。
・Windows環境でジオロケーションが機能しない問題
・アドオンのマルチプロセス非互換性が正常に登録できない問題を修正

尚、自動更新機能によるアップデート配信も開始しています。

関連記事
Mozillaが、「Firefox 50」の正式版をリリースしました。
Mozillaが、「Firefox 49」の正式版をリリース

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*