非常に、興味深い記事が掲載されていましたので紹介します。 「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白

非常に、興味深い記事が掲載されていましたので紹介します。

「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白

Mozillaの開発者だったロバート・オカラハン氏がブログで、「ウィルス対策ソフトはひどい。Microsoft純正のもの以外はインストールするべきではない」と述べています。

http://robert.ocallahan.org/2017/01/disable-your-antivirus-software-except.html

Googleの開発者のジャスティン・シュー氏が「ウイルス対策製品のせいでブラウザの安全性が脅かされている」というツイートを発したりするなど、ウイルス対策ソフトがかえってセキュリティ上の問題となっているという指摘が出ています。

私自身も、「Windows 8」から「Windows 10」にアップグレードしてから、「Windows 7」にインストールしていたAviraのアンチウイルスソフトさえも使っていません。Windows標準の「Windows Defender」使用しています。

Sponsored Links




1.ウイルス対策ソフトベンダーとMicrosoftとの関係、ブラウザなどの開発会社の関係

ウイルス対策ソフトベンダーとMicrosoftとの関係、ブラウザなどの開発会社の関係がどうなっているのか、詳しくは知りませんが、どうやら、ウイルス対策ソフトベンダーが、勝手に作っているようで、連携を取っていないので、バグがたくさん存在して、かえってセキュリティを低くしている場合があると云っています。

昔から、不思議に思っていたのですが、私など、Windows XPから7の時代まで、無償のセキュリティソフトAviraなどしか、インストールしていませんでしたが、一度もやられたことなどありません。

現在は、「Windows 10」ですので、有償・無償を含めて、ウイルス対策ソフトは、MS純正の「Windows Defender」しか使用していません。

確かに、「怪しいサイトを閲覧する奴は、有償のウイルス対策ソフトをインストールしておいた方が良いですよ」などと、私も言っていましたが、どうやら信憑性が薄れてしまいましたね。

確かに、Windowsを作成しているのは、Microsoft社ですので、セキュリティ対策ソフトを開発しても、一番なのは当たり前で、Microsoft社は他のサードパーティ業者に気を使って、あまり高性能なものを作らないのだとばかり考えていました。

どうやら、この考えは間違っていたようで、やはり、Microsoft社のセキュリティ対策ソフトが一番いいのでは。。。。という事が分りました。

2.Microsoft社製のWindowsセキュリティ対策ソフトの変遷

最初は、Microsoft社、純正の無料セキュリティ対策アプリ「Microsoft Security Essentials
がリリースされていましたが、その後、スパイウエア対策用アプリとして「Windows Defender」がリリースされて、Windows 8、10からは、この二つが統合された「Windows Defender」が標準でインストールされています。

Windows 8、10にかけて、大幅にセキュリティが向上していると思います。

1)ウイルスセキュリティ機能

Windows マイクロソフト純正の無料セキュリティ対策アプリ「Microsoft Security Essentials」などを入れていると、軽いと云われていますが、使ってみると、バックグラウンドで動きだすと、結構、CPUを使用していて、低性能のパソコンでは重く感じることもあります。

 XP、Vista、7の場合  Windows 8、8.1、10の場合
自分でインストールして使用する。  スパイウエア対策用アプリWindows Defender(ディフェンダー)と無料セキュリティ対策アプリ「Microsoft Security Essentials」を統合したセキュリティ機能が、初めから付いてきます。

2)スパイウエア対策機能

Windows Defender ディフェンダー(マイクロソフト社のスパイウエア対策用アプリ)
これも、ちょっと重くなる要因の1つですが、致命的でなければ有効にしておいた方が良いでしょう。

 Windows XPの場合 Windows Vista、7、8、8.1、10の場合
自分でインストールして使用する。 標準でついてきて、デフォルトで、ONになっています。
(機能を止めるには、アンインストールではなく、コントロールパネルより機能を無効にするだけです)

このように、Vista、7から、OS自体の「セキュリティ対策」がかなり施されていますので、全部入りのセキュリティ対策ソフトを購入する必要が無いように思います。  Windows 8、8.1、10なら、セキュリティ対策ソフトを別途入れなくても、とりあえず使えます。

「Windows 7」の場合は、ウイルス対策ソフトをインストールすることでセキュリティをわずかに向上させることが有るかもしてないとも言っています。

この様に、「Windows 8、8.1、10」は、ウイルスセキュリティ対策とスパイウエア対策機能を統合した「Defender(ディフェンダー)」が付いています。

ですので、私の場合、社外品(サードパーティ)のセキュリティ対策ソフトは、一切入れていません。

3.「やられない」ための戒め

・怪しいメールは開かないこと(スケベで強欲だと、開いてしまうだけです)。

・怪しいサイトは検索しても開かないこと(スケベで強欲だと、開いてしまうだけです)。

一番、狙われるのは、スケベで強欲な奴です。

普通の人は、決して開かないのですが、スケベで強欲な奴は開いてしまうのです。そんなやつをひっかけるために、罠を仕掛けるのです。 何故なら、一番、ひっかけやすいからです。

やられた事さえも、気が付かない、巧妙なのもたくさんありますが。。。。

「Windows 10」のユーザーは、重いだのへったくれだと言う前に、ちゃんと「Windows Defender」を稼働させて、アップデートをちゃんとしましょう。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*