Microsoft社の天体観測できる「WorldWide Telescope」について

Microsoft社の天体観測できる「WorldWide Telescope」について

「WorldWide Telescope」は、同社の研究機関であるMicrosoft Researchが開発したサービスで、「Visual Experience Engine」技術を採用することでリアルな宇宙を再現しています。

ハッブル宇宙望遠鏡やチャンドラX線天文台センター、スローン・デジタル・スカイサーベイなどの望遠鏡からの画像も閲覧できます。

この分野のアプリとしては、Microsoft社の方が、Googleの「SKY」より凄いと思います。 「Google Earth」の「Google Sky」に似ていますが、「sky」とは少し違うUIで、細かな設定が可能で、表示される内容も多いです。

パソコンの性能が許す方は、インストールして、是非、 お試しあれ!  お奨めです。

Sponsored Links





機能

  • 3 D 球面環境を介してシームレスに移動: 空、惑星と太陽系
  • 数百テラバイトの青空、地球と惑星のデータへのアクセス
  • 表示、作成、および編集のガイド付きツアー
  • 月軌道、小惑星と 3 D 太陽系ビューを体験します。
  • Web ベースの天文カタログ内のオブジェクトのアクセス数十億
  • タッチ スクリーン ナビゲーションのタッチ コントロールを使用します。
  • 旅行 2000 年の前後の時間で

対応OS
Windows 7/8/8.1/10

・WorldWide Telescope 5.5 for Windows ダウンロード
http://www.worldwidetelescope.org/Download/

・WorldWide Telescope サイト
http://www.worldwidetelescope.org/


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*