Microsoftは“UI音痴”なのか? (大越章司氏) 。。。。よくぞ!言ってくれた!!

UIは変えちゃいかん! Microsoft の UI/UX 音痴について” について。

大越さん、よくぞ言ってくれました。 私も、ずっと思っていました。

「音痴」とかいうレベルではなく、Appleの様にMacユーザーにタダで配布しているOSなら、いざ知らず、金を取っているOSで、勝手に大幅に変更するなんて、なんと云うか、傲慢と云うか。。。さすがは、米国の企業らしいのですが。。。ちょっと特殊な脳の配線をしています。

ただ、既存のユーザーを「激怒」させた。。。とありますが、既存のユーザーも色々いるのです。

訳けの分からないユーザーも居れば、ちゃんと使いこなしているユーザーもいるが、話をするとき、この辺をちゃんと分けて話さないと、それこそ、訳わからなくなってしまいます。

例えば、「Windows 95」から使用しているユーザーからすると、OSがバージョンアップしても、基本部分は、何にも変わってないけど。。。と思うのですが、何年使っていても、使いこなすことなど無いユーザーにしてみれば、変わると嫌なので「バージョンを上げたくない」となってしまいます。

関連記事
「古いWindowsに固執する人々の不思議 – 阿久津良和のWindows Weekly Report」が面白い。

お前んとこの会社は、誰を相手にして、物を売ってるんだ? と言いたくなります。

Sponsored Links




1.OSを統合しようとしていた「もくろみ」

Appleは、iOSとMacOSを統合しようとしませんでしたが、Microsoftは、統合しようと、今も盛んにWindows10を改良しています。

Windows10が、今までと違うのが、アップデートが頻繁に入るのですが、デスクトップパソコンを使っているユーザーには、ほぼ関係ない機能や改良だったりと、結構「うっとうしい」のです。

ユーザーも、年2回、デカいアップデートが入ることなど、何にも知らない「ユーザー」が殆どで、「何それ、だからどうしたの?」状態です。

特に、仕事で、嫌々、使う羽目になったユーザーなんてごまんといて、「何にもわかんないー!!」。。。こんなもんです。

未だに、未だにですよ!コンピューターさえ使いこなせない、地球100周くらい世の中から遅れている奴らで、溢れています。

結果、スマートフォンで失敗(売れなかった)した現在、OSを統合する意味はあったのか。。。

「タブレットでもWindowsが使える様になった」と云うか、「タブレットにWindowsが入った」だけではないか。。。

なぜ、そう言えるかと云えば、参照系の作業は、やはりAppleのiOSが入った「iPad」が、圧倒的にアプリも含めて使い易いのです。 Windowsは入力系の作業に強いが、タッチパネルはあまり必要無いのです。マウスで十分です。

2.OSアップデートのワクワク感

私の場合、仕事で使いますので、基本はWindows使いですが、例えば、OSのアップデートでワクワクするのは、Appleの「MAC OS」や「iOS」の時のみで、Windowsのアップデートは「またかよー!」程度です。

いくら、最新の機能をぶち込んできても、誰も使わないような機能が殆どで、何も感動はありません。。。。。。

世の中には、Windowsのバージョンが変わるのを嫌がるユーザーも居ますが、基本的には、UIに関して言えば、たいして変わっていないのです。

しかし、ちょっとでも変わると、やっと使っている「わけの分からない」ユーザーは、なおさら、訳が分からなくなっているのが現状ですので、ほとんどの場合、激怒するでしょう。

「Windows 7」以降のパソコンを「Windows 10」に、強制的にトラップをかけてバージョンアップさせたのもそうです。

「Windows 7」から8、そして「Windows 10」。。。別に表面上、何も変わっていませんけど。。

OS内部のセキュリティ部分での機能は、大幅に変わっているでしょうが、基本的な使い方は、何も変わっていませんけど。。。です。

「コントロールパネル」なんか、普段、使いもしないユーザーなんてどうでもいいんです。ちゃんと、同じように、残しておいてくれればね。

どっちの味方をしているのか、分からなくなってきましたが、要は、タッチパネルを使うタブレットで使用するUIと、デスクトップパソコンで使用するUIを統一するのが無理なら、古い方を「ちゃんと、残しておけよ」と思うだけです。

3.ちゃんと、使いこなしていない奴の思いを何も考えていないのが、「Microsoft」らしいところでもあります。

だから、スマホを作らしても、売れないのです。

スマホなんて、頭の悪いユーザーの方が、圧倒的多数を占めていいることが、分かっていないのか、理解できないのか、知りませんが、小難しいものを作ろうとするから、誰も買ってくれないのです。

以前、ビル・ゲイツの後、「スティーブ・バルマー」が親分になって、Windowsフォンが流行らなかった理由として、Appleと日本のキャリアが手を組んで売った売り方「サブスクリプション」方式、つまりユーザーにタダで端末を与え、高い通信料で、後から金を取る方法でやれば、Microsoftの「Windowsフォン」が売れたかも。。。言っていましたが、多分、違うでしょう。

頭の悪いユーザーの方が、圧倒的多数を占めていいるスマホの分野では、「Microsoft」社は勝てないのです。 なぜなら、「頭の悪いユーザー」を相手にしていないからです。

これは、これで、けなしているのでは無く、一定の評価をしているのです。 それでいいって、本気で思っています。

4.これから、Microsoft社が、早急にやるべきこと

金を取って、OSを売っているのは、もう、お前の所しかないんだから、もう少し、みんなが使いこなせるようする仕組みを作れって。

昔の様に、OSだけ作っている会社ではないだろう。

サーフェースなどの端末を作って販売するなら、ちゃんとAppleの様に、家電量販店に「おんぶにだっこ」していないで、自社の実店舗ストアを全国に作り、頭の悪いユーザーの要望に、ちゃんと応えられるような仕組みを、怠けてないで、早く実施した方がいいと思うのだが、

日本Microsoftのトップ。。。どうかな?

札幌の「Appleストア」が、まだ復活していないのが残念ですが、昔は、いつ行っても順番待ちができるくらい、流行っていましたよ。

負けるな「Microsoft」、優秀だが、どこまで行っても「頭の固い」、「融通の利かない」企業。

「企業で使っているユーザーだけじゃないんだよ」という事が、全然わかっていないようです。

これからも使うんで一応、応援するって云うか、訳の分からない「Windowsユーザー」が、お前の所のサポートに電話しないで、私のところに、訳の分からない質問をしてくる。。。何とかしろ。

関連記事
「Windows 10」が、落ちる、固まる。。。。私のパソコンでは、ほぼ発生しないのですが、どうも、調子悪い方が大勢いらっしゃるのですが。。。。はて?

「マイクロソフトが、iPhoneを乗っ取ってしまう日」と云う記事が、とても面白かったので感想です。
Microsoft、iPad Proが完全な「コンピューター」だと主張するAppleをからかう。。記事が面白い。
アップルが「Mac」をなかなかアップデートしない理由…が面白い。

Sponsored Links











コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*