ファーウェイ・ジャパンが、Android 7.0搭載の8型タブレット「MediaPad T3」および「MediaPad M3 Lite」を8月25日より発売すると発表

2017年8月22日、
ファーウェイ・ジャパンが、Android 7.0搭載の8型タブレット「MediaPad T3」および「MediaPad M3 Lite」を8月25日より発売すると発表しました。

Sponsored Links





Android 7.0搭載の8型タブレット、それぞれLTE対応モデルとWi-Fiモデルを用意

市場想定価格は
・「MediaPad T3」:LTEモデルが1万9980円(税別)、Wi-Fiモデルが1万6980円(税別)

MediaPad M3 Lite」:LTEモデルが2万9800円(税別)、Wi-Fiモデルが2万4980円(税別)。

Wi-FiモデルとLTEモデルの価格差は、数千円ですので、是非、LTEモデルをお勧めします

これに、MVNOの格安SIMを契約して使えば、最強です。
何、月額1000円前後のSIMで十分です。 今時、公衆無線LANもありますし、容量が、月3GBほどあれば十分です。

「OCN モバイル ONE」などは、1日110MBまで、高速(LTE)で使用できて通信料金は月額千円しません。
容量が110MBを超えるとスピードは200KBに制限されますが、ブラウザなどの読み込み時は、ターボ機能が付いていますので、200KB以上に一時的にスピードが上がりますので、ブラウジングで不自由を感じることはありません。

SIM入れて、いつでも、どこでも繋がるというのは、一度、経験すると止められなくなります。

MediaPad T3

私は、3世代前の「MediaPad M1 LTE」をまだ使用していますが、まだまだ使えるんですね。 今使用している「MediaPad M1 LTE」は、ある会社で、購入した80台中の1台ですが、不具合いが出てファーウェイで無償で修理してもらったのが1台のみで、後は、何もトラブルは無く、元気に稼働しています。

中華製と揶揄している方も居ますが、品質は、全然問題ないでしょう。

私などは、スマートフォンも、ASUS(台湾)の「ZenFone 3 Max」です。

スペックは、各機器のページを参照

MediaPad T3  サイト
http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpt3-jp.htm

MediaPad M3 Lite サイト
http://consumer.huawei.com/jp/tablets/mpm3-lite-jp/index.htm

関連記事
オフィス24が、オリジナルブランド「スマホドックモバイル」から、デュアルSIM対応でモバイルワーク対応のWindows 2in1タブレットPC「C109S」を発売
ASUS JAPANが、LTE/音声通話対応SIMロックフリーの8型Androidタブレット「ZenPad 8.0(Z380KNL)」を7月8日より発売
Huaweiが、9,980 円(税別) Android タブレット「MediaPad T1 7.0」を同社の直販サイト V モールで発売
iPad、iPhone、Androidタブレット、スマホも、両方使ってみて分かる、細部の作り込みの違いについて


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*