エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、無償のLinux学習用教材「Linux標準教科書」の最新版Ver3.0.0を公開

2018年3月28日、
エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、無償のLinux学習用教材「Linux標準教科書」の最新版Ver3.0.0を公開しました。

今回、公開されたVer3.0.0では基準となるOSを、CentOSの最新安定版である「CentOS 7」に変更しています。

PDF版、EPUB版が用意されて、4月にはKindle版が公開される予定。

オープンテクノロジー技術者認定機関のエルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、2008年よりLinux学習用教材「Linux標準教科書」を無償公開をしています。

Linuxを「基礎」から学習してみたい方は、是非、参照をお勧めします。

・Linux標準教科書(Ver3.0.0) LPI-Japan ダウンロード サイト
http://lpi.or.jp/linuxtext/text.shtml

追記> 2018年3月26日(米国時間)

Microsoftが、LinuxディストリビューションをWSLで実行できるアプリケーションパッケージに変換するソフトウェア「WSL-DistroLauncher」をオープンソース・ソフトウェアとして公開したと発表しました。

・サンプルパッケージ ダウンロード
Microsoft / WSL-DistroLauncher|GitHub.com


Sponsored Links




関連記事
slax.orgが、USBメモリから起動できる軽量Linuxディストリビューション「Slax 9.3」をリリース
Canonicalが、Linuxディストリビューション「Ubuntu 16.10」(コードネーム:Yakkety Yak)をリリース

Microsoftが、「Windows 10」の年2回の大型アップデート「Fall Creators Update(ver1709)」をリリース

Ubuntuを搭載した10型タブレット「BQ Aquaris M10」が、予約受付を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください