サンコーが、オートバイ専用ドライブレコーダーのエントリーモデル「バイク、スクーター用前後撮影ドライブレコーダー(MTSGYUT7)」を発売

2018年3月23日、
サンコーが、オートバイ専用ドライブレコーダーのエントリーモデル「バイク、スクーター用前後撮影ドライブレコーダー(MTSGYUT7)」を発売しました。
店頭価格は税込11,800円。

たとえ、バイク仕様でも、2つのカメラが付いていて、前後を同時に撮影できるオートバイ用の2.7インチ液晶モニター付きドライブレコーダーです。
オートバイのACC電源に接続することで、キーを回すと自動で録画が開始されるようになっている。

私がバイクに乗っていた頃は、こんな良いものはありませんでしたが、今は、バイクなどは、標準で付いていたほうが良いように思います。

本体サイズ:74×55×21mm、重量:約60g。

機能
・液晶ディスプレイのサイズ:2.7インチ、カメラの画角は150度。
・動画コーデック:Motion-JPGで、ファイル形式はAVIとなる。
・画素数    :120万画素
撮影ファイルはmicroSDカード(最大32GB)に記録し、空き容量がなくなると自動的に古いファイルを上書きするループ録画を行う。

電力はオートバイから供給(12V/24V両対応)するが、レコーダー自体にも500mAhバッテリーを内蔵している。

・サンコーサイト
https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003030/


Sponsored Links




関連記事
エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」ほか2種類を発表しました。
エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」ほか2種類を発表しました。
上海問屋が、信号機のLEDの色が消えずに録画できる「小型ドライブレコーダー」を発売しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.