NECプラットフォームズが、IEEE 802.11ac対応無線LANルーター計3製品「Aterm WG1200HP3」「Aterm WG1900HP2」「Aterm WG2600HP3」を発表

2018年6月4日、
NECプラットフォームズが、IEEE 802.11ac対応無線LANルーター計3製品「Aterm WG1200HP3」「Aterm WG1900HP2」「Aterm WG2600HP3」を発表しました。

3機種は、「IPv6 IPoE」および「IPv4 over IPv6」に対応した新モデルです。

もう、今の時代は、オートチャネルセレクト、ビームフォーミング機能は当たり前になってきました。通信速度を向上させる技術が、安価なルーターでも装備されてきています。

予想実売価格
・「Aterm WG1200HP3」7000円台中頃(税別)、6月5日から販売
・「Aterm WG1900HP2」1万1000円前後(税別)、6月5日から販売
・「Aterm WG2600HP3」1万6000円前後(税別)、6月7日から販売

Sponsored Links




左からAterm WG2600HP3、Aterm WG1900HP2、Aterm WG1200HP3

特長

  1. 最新のインターネット接続方式「IPv6 IPoE」・「IPv4 over IPv6」に対応
    使用する時間帯等によってインターネット回線が混み合い、通信が遅くなっていた従来の接続方式「IPv4 PPPoE」とは異なる通信経路を使用する「IPv6 IPoE」に対応することで、通信速度を向上。
    また、「IPv4 over IPv6」を使えば、LAN側の端末がIPv4対応の場合でも混雑を避けた高速通信が可能です。さらに、ファームウェア更新(今年10月リリース予定)によるNEC独自技術「IPv6 High Speed」により、通常のIPv6に対し「Aterm WG2600HP3」は約3倍の高速化を実現するため、快適な通信が可能。
  2. 電波性能を改善した「ハイパワーシステム」を採用
    無線回路、無線制御等の各設計をゼロベースから見直した「ハイパワーシステム」により、通信が安定する一定の電波強度以上のエリアが、従来モデル比で最大約21%拡大。これにより、従来、場所によっては通信が不安定になり見られなかった動画等を快適に視聴できるようになります。
  3. 「ワイドレンジアンテナ」技術(特許出願中)を採用(WG2600HP3)
    従来、基板全体で実現していた3直交(X、Y、Z方向)偏波に対して、多重偏波を実現する「ワイドレンジアンテナ」技術により、実効スループット値で約1430Mbpsと、当社「Aterm WG2600HP2」の業界最速値を更新しました。また、本アンテナにより様々な角度で使用されるスマートフォン等でも、実効スループット値が大きく変わることなく、安定した通信が可能になりました。

商品サイト


Sponsored Links




関連記事
TP-LINKが、11ac規格に対応した超高速ギガビット無線LANルーター「Archer A9」を5月30日(水)よりAmazon限定で販売開始すると発表

【新商品】ASUS JAPANが、メッシュネットワークを簡単に構築できる無線ルーター「Lyra mini」とデュアルバンド無線LAN中継機「RP-AC55」を発表

【新商品】 ネットギアジャパンが、コンセント直挿し型の11ac無線LAN中継器「EX6110」を発売

Googleが、家庭向けのWi-Fiルーター「Google Wifi」を4月26日(木)に発売すると発表

【お勧め商品】「TP-LINK」のWi-Fiルーター「Archer C9」をちょっと紹介します。2016年6月から日本国内での販売を開始しています。

NECプラットフォームズが、有線ギガビット対応エントリーモデルの無線LANルーター「Aterm WG1200CR」を2月8日より発売すると発表

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください