Googleが、家庭向けのWi-Fiルーター「Google Wifi」を4月26日(木)に発売すると発表

2018年4月25日、
Googleが、家庭向けのWi-Fiルーター「Google Wifi」を4月26日(木)に発売すると発表しました。 価格は1万5000円(税抜)、3台セットが3万9000円(税抜)。

海外ではすでに販売されていて、今回、日本への販売が発表されました。

機能
最適チャネル選択機
最適なチャネル(ch)、および帯域(2.4GHz帯/5GHz帯)を自動で選択して接続する。
起動時だけでなく、常時チャネルや帯域をモニタリングし、空いているチャネルへ移動する。

メッシュWi-Fi機能
複数のGoogle Wifiを相互に連携させることで、広い範囲で通信をカバーする。
家の中でスマートフォンを無線LANに接続して動き回っても自動的に電波の強いアクセスポイントに接続され、電波の弱い部分を複数のGoogle Wifiがカバーする形となる。

ビームフォーミング機能などを搭載

Google Wifi アプリ
接続デバイスの確認、通信速度のテスト、簡単なトラブルシューティング、ゲスト ネットワークの設定などが可能です。

大きさ:直径が106.12mm、高さが68.75mm。重さ:約340g。

スペック
・CPU   :710MHz駆動のクアッドコアCPUを搭載。
・メモリー :512MBのメモリー(RAM)
・ストレージ:4GBを搭載。
・無線通信:AC1200 2×2 Wave 2、メッシュWi-Fi、
IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)に対応。

・通信速度:5GHz帯で最大867Mbps、2.4GHz帯で最大300Mbps。
・TXビームフォーミング、Bluetooth Smartがサポートされる。
・外部端子:Gigabit Ethernetが2つ搭載される。
・電源  :15WのACアダプターで、消費電力は最大9W。

・商品情報サイト
https://store.google.com/product/google_wifi


Sponsored Links




関連記事
【お勧め商品】「TP-LINK」のWi-Fiルーター「Archer C9」をちょっと紹介します。2016年6月から日本国内での販売を開始しています。

NECプラットフォームズが、有線ギガビット対応エントリーモデルの無線LANルーター「Aterm WG1200CR」を2月8日より発売すると発表

TP-Linkが、PLCに対応した無線LANアクセスポイントとPLCアダプターをセットにしたWi-Fiエクステンダーキット「TL-WPA4220KIT」を12月7日に発売

【新商品】バッファローが、トライバンド無線ルーター「WTR-M2133HP」シリーズを2018年2月上旬より、順次発売すると発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください