総務省は、NTTドコモなど通信大手3社に、自社が販売したスマホを他社の通信網でも使えるようにする「SIMロック解除」を中古品にも義務付ける方針を固めました。

2018年8月、
総務省は、NTTドコモなど通信大手3社に、自社が販売したスマホを他社の通信網でも使えるようにする「SIMロック解除」を中古品にも義務付ける方針を固めました。

総務省は、新品のスマホを対象に「SIMロック」の解除を通信会社に義務づけていましたが、中古品には明確な規程がありませんでした。

uveX / Pixabay

感想は、総務省の「やることが遅い」と思うのですが、

「中古スマホ」にまで、「SIMロック」をかけたままにしておく、クソ「キャリア」のセコさには、呆れるしかありません。 総務省は、「甘やかしすぎ」なんです。

問題は、

「中古スマホ」は、国内で販売はしていますが、「SIMロック」を解除したくらいで、売れるようになるかどうか。。。ですね。

私なら、2年くらい使用した端末は、購入しないように思います。 なぜなら、電池が消耗していますので、ちょっと厄介です。 例えば、「iPhone」などでしたら、「電池交換済」なら、2年経っていても問題ないでしょうが、問題はそれだけですね。

数年前は、けっこう、電池パックを自分で交換できるタイプのスマホがありましたが、最近は少ししかありません。MVNOで販売しているのであれば「FREETEL KATANA01」、「FREETEL Priori 5(2018年発売)」、「HUAWEI honor 9」などが、まだありました。

最近の端末は、電池パックをユーザーが交換出来ないようになっていますので、やはり、古い端末は、遠慮したいです。

しかし、中古品が、たくさん出回るようになれば、それはそれで、悪い事ではないように思います。 スマホなんて、電池の問題さえクリアすれば、軽く、5年は使えるでしょうから、何も、使えもしない新品のスマホを2年ごとに替える必要など無いのです。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください