macOS、Windows、Linux上で動かすことができる「Windows 95」が、リリースしました。

macOS、Windows、Linux上で動かすことができるアプリ「Windows 95」が、リリースしました。

開発したのは米Slackのエンジニア、フェリックス・リースバーグ氏です。
Electronのフレームワーク内で稼働するようです。

なんと、macOS、Windows、Linux 3つのOS上で動くのがいいですね。

「Windows 95」が発売されたのが、1995年8月でしたね。もう23年ほど経過しているのですが、懐かしいというか、こんなに昔から使われているのに、「コンピューター」、「スマートフォン」一つ、使いこなせない「バカ」が大勢居ます。

mac版でも、ダウンロードファイルサイズは、143Mくらいですので、ちょっと試してみますか。。。

動作するアプリと起動するが機能しないアプリがまだ有るようです。

<動作するアプリ>
・Wordpad、MS Paint、「マインスイーパ」など。
<起動するが動作しない>
・Internet Explorer

完全では無い様ですが、なかなか面白うそうです。

v1.2の機能追加
ディスクイメージをマウントできるようになりました(Windows 10およびmacOS上)
アプリは自動的に更新されます(Windowsは、Windows 95に残っていません)。
・CPUとHDDが動作しているのを見ることができます。
・Ctrl + Alt + Delを使って、ウィンドウメニューからマシンを再起動できるようになりました。

・Windows95 v1.2 ダウンロード
https://github.com/felixrieseberg/windows95/releases


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください