「Office 2019」に入っている Access 2019 の新機能について

本日の話題は、Access 2019 の新機能について

2019年1月22日より、
Microsoft社が、家庭向け Microsoft 「Office 2019」 の販売を開始していますので、その中に、データベース作成アプリ「Access 2019」が入っています。

尚、「Office 2019は、Windows 10以外で使用できない」とアナウンスしています。

数年おきに、バージョンアップを繰り返しているのですが、何クールかすると、大きく変わって、いま動いているAccessで作成したデータペースアプリが動かなくなることがありますので、バージョンが上がるタイミングで、危ない機能は盛り込まれていないかを調査する必要が有ります。

今回は、結論から先に云えば、グラフ機能を強化した程度で、あまり、大きな変更がない様な気がしますので、ちょっと、ほっとしている処でもあります。

今回は、Access 2016 —–> Access 2019にアップです。グラフ機能が強化されています。

Accessのバージョン履歴とAccessのバージョンで大きく変化のあったのは

Accessのバージョンは、下記の様に続いています。
95—>97—>2000—>2002—>2003—>2007—>2010—>2013—>2016

1)97—–>2000のとき  :
まだ「97」の場合は、もう手遅れに近いです。 早く2000以上のバージョンへ

2)2003——–>2007  :
リボンインターフェースの採用で、機能がどこにあるのか、旧バージョンのユーザーは戸惑う。

3)2010——>2013   :SQLサーバーへの接続関連が大きく変更されています。

4)2013——>2016   :大きな変更は、たいしてない。

Access 2019」の新機能

https://support.office.com/ja-jp/article/access-2019-%E3%81%AE%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD-f52c5317-3494-4105-9c56-5a2abb8e0f87

新機能の詳細については、Microsoft社の上記のサイトを参照してください。

関連記事
32Bit版から、64Bit版の「Windows 10」にパソコンごと入れ替えた時に、Office365(Office2016)のAccess2016を使用する場合の注意点。
Access 2013 の新機能とAccess 2013 で廃止、変更された機能とバージョンアップの必要性について
先月末、ある日、突然、Windows10で使用している「Access 2016」で動かしているアプリケーションが動かなくなるです。「Access 2010」でも起こっている問題でもあります。

第9回 ACCESS 2010の情報
第10回 Access2000(mdb)からAccess2010(accdb)に変換する

マイクロソフトの「Access」の便利な機能を使って、業務アプリケーションを作成して活用する。
小規模企業の為の社内LANを構築して、業務で活用する方法について


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください