7、8の顧客に1年間無償で提供されて、Windows 10で終わりと云われているが、10の更新プログラムが、この先、無償で提供されるのか?

7、8の顧客に1年間無償で提供されて、Windows 10で終わりと云われているが、10の更新プログラムが、この先、本当に無償で提供されるのか?

Microsoft社はこの点については、何も言及していませんので、ちょっと、Windows7、8から、無償ですぐにアップグレードするのは、まずい様な気がします。
Sponsored Links





なぜなら、Vistaはあと2年も無いので、どうでも良いですが、Windows7、8は、まだまだサポート期限が、7で4年以上、8で7年あります。

Windows 各OSのサポート期限
・ Vista    :延長サポート 終了日 2017年4月11日
・ 7   :延長サポート 終了日 2020年1月14日
・ 8   :延長サポート 終了日 2023年1月10日

ですので、Windows10に乗り換えて、2年後くらい経過して、更新プログラムの料金をサブスクリプション方式で支払えと、言ってきたらどうでしょうか? そんな事になるなら、ぎりぎり、Windows7、8のまま使っていた方が、金がかかりませんよね。

Microsoftは、GoogleやAppleと違って、サーフェースは販売しているが、OSを販売して成り立っている会社ですので、この先、Windowsをタダで提供する訳が有りません。

そう考えると、Windows7、8から早急に、アップグレードするのは、止めておこうと、考えてしまいます。 危ない、危ない。。。。

現在、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルドがリリースされていますが、正式版がリリース後もしばらく使えるようなので、例えWindows8を使っていようが、別ドライブで、プレビュー版を使い続けるほうが、安全なような気がします。

方法は、私の様に、「MacBook air」にブートキャンプを使い、プレビュー版をインストールするか、Windows8を使用していれば、別ドライブにプレビュー版をインストールして、いづれも、デュアルブートで使用する方式を取っていれば安全です。

2年位たって、途中で、更新プログラムの料金よこせと言ってきたら、Windows10を捨てればいいだけです。

2015年7月29日から、正式版のリリースが始まりますが、無償でアップグレードするのは、様子を見ることとします。釣られて、すぐには、無償でアップグレードなどしません。 Windows10からの料金の支払い方法が、どうなるのか? マイクロソフトが明かすまでは、静観することにします。

OSを作って売っている会社が、無償で提供する。。。。。?  入手しやすい方法まで提供して。。。 必ず、訳があるはずです。

「タダより高い買い物は無い」。。。と言われていますので、様子を見ることにします。 私は。。。

したがって、Windows7起動中のパソコンで、Windows10の予約の画面より、「予約を取り消し」にしておきます。

関連記事
「Windows 10」への自動アップグレードの強制が強化されてきています(勝手にアップグレードする)。

Microsoft社が、「Windows 10」は、2025年までサポートされることを明らかにしました。
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10240」を公開

Sponsored Links





コメント

  1. yt より:

    バックアップ取ってアップグレード→使用して感じ悪かったら戻せばいいんじゃないですかね?

    • GT より:

      その通りですね。

      バックアップも、2通りあると思います。

      1.Windows10にすると、自動的に以前のOSのバックアップがとれます。

      これを1カ月以内なら、元のOSに戻すことができます。
      この方法は、一番簡単ですが、元のOSに書き戻したときに、完全に前と同じにはなりません。

      2.自分で起動ドライブごと、別のドライブに、ツールソフトを使用してバックアップを取っておく。

      ダメなら、そのまま、元のOSの入ったドライブを接続する。

      丸ごと、別のドライブにバックアップを取るのは、HDDも必要ですし、面倒ですが、ほぼ同じになります。

      ですので、この辺をわきまえていれば、どちらでもいいのではと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です