Googleが、iOS、Android端末向けの「ストリートビュー」アプリをリリース

2015年9月3日、
Googleが、iOS、Android端末向けの「ストリートビュー」アプリをリリースしました。

Googleマップ内のストリートビューと云うよりか、このアプリを使ってパノラマ写真を作成することができます。

最近、流行りですね。 360度写真。
以前、iPhoneで東京駅をパノラマ写真で撮ったら、娘に、今一と云われてしまいました。

Sponsored Links


google_stby_001

機能
1)Googleマップから、世界中のストリートビューのコレクションやコンテンツを探索することができます。

2)Googleマップに、瞬時にあなたのお気に入りの場所の360度写真を公開することができます。

3)「RICOH THETA」のような360度撮影カメラからも撮影・投稿できます。

・iOS版は、「Photo Sphere Camera」アプリから、アプリ名が「ストリートビュー」になりました。

・Google ストリートビュー iTunesプレビュー サイト
https://itunes.apple.com/jp/app/photo-sphere-camera/id904418768?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

・Android版は、「Googleマップのストリートビュー」からのアップデートで、単体アプリとして表示されるようになっています。

・Googleマップのストリートビュー  Google Playサイト

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.street&hl=ja

追記> 2015年9月4日

リコーが、シャッターを押すだけで、周囲の全天球イメージを撮影できるなカメラ「RICOH THETA m15」の上位モデル、「RICOH THETA S」を発表しました。 実売予想価格:4万円強(税込)
初めて、スマートフォンやタブレットとのWi-Fi接続時のライブビュー表示に対応しています。

RICOH_THETA S_001

大きさ:幅44×高さ130×奥行き22.9(最薄部17.9)mm 、重さ:約125g。

新開発のレンズユニットや、従来より大型のイメージセンサーを搭載し、より高画質(約1400万画素相当)になり、通信速度なども向上し、ライブビュー表示なども可能。

・「RICOH THETA S」 サイト
https://theta360.com/ja/about/theta/s.html

関連記事
Android版スマートフォンの重いを解消する。10の方法

マネーフォワードが、Androidアプリ「ICカードリーダー by マネーフォワード」を無償公開
Microsoftが、Android版 翻訳アプリ「Microsoft Translator」をリリース
スマートフォンに、日本気象協会がリリースした『Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ-』を入れておくと便利です。
Microsoft社が、Androidスマートフォン向けにOfficeアプリ(「Word」、「Excel」、「PowerPoint」)の正式版をリリース

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*