今年、1年、記憶に残る出来事。。。。色々です。

今年もあと数十日で、お終いですが、今年、1年、記憶に残る出来事。。。。色々です。

私は、「インディアン」ではありませんが、人生、あと幾つ、冬を越せるのか?と考えるようになってきました。

1.季節のこと

季節が、「春夏秋冬」、順番に巡ってくるのは、「お月」様のおかげだと云う事をご存知でしょうか?

地球が誕生して46億年だそうですが、その後、原始「地球」に原始惑星「」が、斜めに衝突(ジャイアント・インパクト説)して、地球をえぐるように離れて、周回軌道に乗って地球の周りをまわっていると云われています(最初、月は2個あったと云われていますが、後に1つに吸収された)。 衝突しただろうと云う、証拠として、月の成分は地球と同じ成分をたくさん含んでいます。

Sponsored Links





月が、地球の周りから、いなくなると、どうなるか?

地球の地軸は23.4度傾いているが、月が居なくなると「遠心力」が弱くなり、地軸が安定しなくなるので、春夏秋冬ではなく、春秋冬夏の様になり四季が順番に来なくなります。

月は、地球がら毎年、数センチ、少しづつ、離れているそうですが、あと数万年以上は、大丈夫だそうです(自分は、存在していませんので、どうでも良いですよね)。

もう一つ、月の裏は、月は自転と公転が同期し、常に地球に同じ側を向けているため、地球から見て「月の裏」は見えません。

月の裏は、地殻がやや厚いそうです。表は60km、裏は68kmである。地球に激突して、はじけ飛んでいますので、そのタイミングで削れて、厚さが違うのだろうとも云われています。

月から、地球を1度、眺めてみたい気持ちがありますが、まだ無理でしょうね。

「月」旅行。

2.仕事と体

今年は、お客様の会社でシステムの入替があり、10月までは忙しい日々が続いていました。
本当に、年一回の東北・東京旅行にも行けず、仕事で、札幌から道内(旭川、釧路、帯広、函館)を車で回っただけの1年でした。

忙しい時期に、食事の時に、食道が突然閉まってしまう状態が続き、食べる時、頻繁に起きるので注意をしていたのですが、現在は、症状が出ないようになっています。 今考えると、頻繁に起きたのは、やはり、「ストレス」のせいだったのかと思います。

自分では、好きに生きていますので、「ストレス」フリーな男と思っていたのですが。。。。。脳は嘘をつきません。

脳が「プレッシャー」を感じることができる感受性をまだ、持っていましたか。。。?

脳は、自分が全て、コントロールできていると思ったら、大間違えです。 半分以上は、「無意識」下で、動いています。 悲しいかな。。。。

一番、分かり易いのは、「薬物依存症」になってしまった人達です。 自分で制御できないのです。 「脳」が、脳内物質「ドーパミン」を求めてしまうのです。

脳を支配すれば、人を支配する事が出来てしまいます。 好きとか、嫌いの問題ではありません。

3.携帯電話の料金について

安倍総理の肝いりで、総務省が、キャリア3社に、携帯電話料金を何とか安くしろと言う動きですが、何だか、どうでも良いような感じになってきていますが。。。

NHKニュースによると、ドコモは他社からの乗り換えでキャッシュバックを行なう販売方法を廃止する方針を固めたそうです。他社も追随するでしょう。

これで、iPhoneも売れなくなるでしょうが、影響は、限定的ではと云う予測がされています。

世の中、世間では、「スマートフォン」なんて、全く必要の無い人達が、たくさんと云うより、大勢います。 こんな人達にまで、普及させる必要など、本当は、全く無いのです。

「猿」にガラケーを持たせているのと同じです。 「猫に小判」、「豚に真珠」です。
だから、ガラケーが使えなくなるならば、「ガラホ」で良いんです。

現に、見栄を張らない、賢い「おじさん」達は、「ガラホ」で大満足しています。
私の周りだけでも3人以上います。

スマートフォンは、白物家電(テレビ、洗濯機、冷蔵庫)と違います。つまり、所有しているだけでは、何の役にも立たないのです。使いこなす「努力」も出来ない人間に、無理矢理、だまして、所有させても「猫に小判」、「豚に真珠」になるだけです。 「猿」頭に、「スマートフォン」なんて不要です。

携帯電話料金についても、MVNOが有るんだから、いくらでも安く使えるのに、MVNOに移動しない。MVNOに乗り換えない、一番の理由は「面倒くさそうだから。。。」もう、グダグダです。
一番、高価なiPhoneがタダ同然で手に入るのですから、みんな、そりゃ「iPhone」にするでしょう。「実質0円」ですから。。。

使いこなせもしない奴は、こんな事でもしないと、契約する訳がないのです。
高い金を支払っても、使いこなせない事は、自分自身が一番分かっているのですから。。。

総務省が騒ぐより、本来であれば、ユーザーが、大きく声を上げるべきですが、肝心のユーザー(猿頭)が、騒がないので、安倍さんも、途中で、はしごを外されたみたいになっています。

一番びっくりしたのは、以前、キャリアの端末(毎月8千円以上支払っている)を使用している女性に「携帯電話料金」って高いんですか? と聞かれたことが有ります。このレベルなんです、世の中、世間は。

人工知能が、世の中に、さらに普及してくると、もう「スマートフォン」も必要なくなるのではと思います。

流行の様になっていますが、使いこなせもしない人間にとっては、元々、不必要な道具ですので、流行が終われば、手放すでしょう。

「猿」頭に、「スマートフォン」なんて不要です。 「ガラホ」が一番似あっています。

4.最後に  生物学的な分類「雌(メス)」のこと。。。怒られるよな、こんな書き方すれば。。。。

三十路女性をボロクソ! ホリエモンの挑発コメントに婚活女子から批判殺到」という記事をみて、ちょと感想を。。。

堀江貴文氏が自身のツイッター上で、婚活中の30代女性について「結婚したがる男はいない」と発言し、物議を醸している。堀江氏は読売新聞が掲載した「婚活中の30代女性102人に、どんなアラフォー男性なら結婚対象となるのか」というアンケートについて言及。アンケートの結果、婚活中の30代女性たちは、外見や仕事より、主に「安定した夫婦生活」と「早期出産」の2点を重要視していることが判明。これに対し、堀江氏は「んなことグチグチ言ってるやつと結婚したがるマトモな男はいないでしょ(笑)」と、容赦なく斬り捨てた。

即座にネット上では、30代の婚活女性たちが立ち上がり、堀江氏に猛反撃。

私の周りにも、仕事が楽しいのか、職場で活躍している高齢(失礼!)の独身女性が、数人いるのですが、口を揃えるように、一様に、結婚したいけど、「周りに、居ないのよ」。。。と云います。 そして最後にこう言うのです「結局、顔でしょう?」って。。子供なのです。

おい、おい、30歳過ぎて、相手が寄ってくるのを待っていて、付きあう相手が見つかるわけないだろう。。。と思うのですが、この「年齢」になっても、星の王子様が声をかけてくれると思っているんですね。

そして婚活なんか、全然していません。 一生独身だろ!!
多分、「潜在意識」の中では、男をほしいと思っていないのでしょう。。まあ、心が安定していると云えば、安定していますが。。。

「20代前半の小娘なら、盲目的に燃え上がる相手を見つけられるが、その年齢は、ほぼ無理でしょ!」と云いたいのですが、決して、本人には言えません。。。。後ろからナイフで刺されますので。。。

婚活中の30代女性たちは、外見や仕事より、主に「安定した夫婦生活」と「早期出産」の2点を重要視していることが判明とありますが、ちょっと待ってください。

「結婚適齢期」は有りませんが、生物学的には「出産適齢期」は有ります。37歳位までには何とかしないと「出産」、いや、「妊娠」できなくなる可能が高くなります。

でも、「安定した夫婦生活」は非常に相手を選ぶ必要があるので、非常に難しい事です。

20代前半の「小娘」ではないので、もっと「人間」を研究していればいいのですが、30歳過ぎても、「世間」知らずと云うより、人間の「脳」の事を知らなさすぎる、「脳が小娘」の女性が多いので、失敗する確率も、グンと高くなります。

女性の場合、特に、相手にどうみられるかと云う、自分の見かけばかりに、気を取られて、相手の人間性、「脳」の仕組み、構造を知ろうとはしません。 男より、なぜか感受性は高いのですが。。。。ダメですね。

私の場合、お客様の会社を複数、訪問して、職場の社員の方との接触も多いのですが、はっきり言いますが、「発達障害」などの障害を背負った方が、実に多いのです。

本当は、多くなったと云うより、認識されてきただけで、昔からこの様な人間は存在していたのです。

この事に、気が付く、認識するには、多分、テレビでは放映される機会が少ないので、自腹で書籍を多数購入して、自分で「学習」する以外、方法は無いのです。

「発達障害」、「愛着障害」などを背負った人間をある程度、見抜けないと、安定した夫婦生活」は非常に難しいでしょう。 良くて、「離婚」で決着するしかなくなります。

ホリエモンは「んなことグチグチ言ってるやつと結婚したがるマトモな男はいないでしょ(笑)」と云っていますが、そうではなく、「」がマトモな男かどうかを見分けるのが、大変なのです。 後で、後悔するのです。失敗したと。。。。

※障害が有るかどうか、調べるための方法、但し「脳」の事を学習している必要あり。
女性も、同じように「発達障害」、「愛着障害」などを背負った方もいますので、何とも言えない部分と云うか、どうしようもない部分も有りますが、どんな「脳」の特性を持った人間かは、しばらく付きあっていれば、ちゃんと「脳」の事を学習していれば、ある程度、認識できると思います。 少しでも不安がある相手なら、しばらく観察する必要も出てきます。

一番、良いのは、相手の両親に、何度も会い、観察する事です。親の親までです。生い立ちまでです。子供に障害が有る場合、親からの遺伝、養育過程での環境にも影響を受けています。

どんな「脳」の特性を持った親に育てられたのか、どんな「養育環境」で育ったのかです。
こんなことを言ったら、刑事さんのお仕事より大変ですが、失敗しないためには、ある程度、必要な事ではないかと、現代社会では思います。

※このような人達に共通する脳の「配線」構造
基本的に、「発達障害」、「愛着障害」などを背負った方は、分かり易く云えば、相手の心を思う「配線」は、ほぼ、持ち合わせていません。

ほぼ、このような人達に共通する脳の「配線」構造の違いは、
人は、何かをしてもらうと、お返ししなきゃ。。。と思うのですが、この人たちは、人の「善意」だとか、「恩」を感じ取る心を持ち合わせていないのです。思いが、こちらからの一方通行にになってしまうのです。

ですので、何年、付きあっていても、3日前に、知り合った人と思えば、腹は立ちませんが、そこが理解できていないと、「何なの?、この人?」になってしまいます。

※カサンドラ症候群
よくあるのが、「アスペルガー」の旦那さんの奥さんが「うつ病」になってしまう事が。
旦那の「脳」の仕組みを理解していない為に、自分が、悩んで、おかしくなってしまう事があるのです。

エリート狙いの婚活。。。注意です。 結構、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害(ASD))の男性がが多いのです。 稼いでくれれば、あとは、どうでも良いと思っている女性なら問題は無いでしょうが。。。。。感情で動かず、「損得」で考えればいいんです。

アメリカのシリコンバレーで働く親の子供は、通常の地域より、アスペルガー症候群の子供の割合が多いのです。 お互いにアスペルガー症候群が多いので、遺伝する確率も上がるのです。

※サイコパス的な気質
アスペルガー症候群よりたちが悪いのですが、サイコパス的な気質の人間も、同じような「心」しか、持ち合わせていません。
「人の心を踏みにじる」のではなく、「人の心を感知できない脳」をしているのです。最後まで行くと「良心の呵責」さえ、持ち合わせていない人達です。

社会的に成功している会社経営者、弁護士、TVやラジオのジャーナリスト、小売業者、外科医、新聞記者に多いとされています。

※「私、男運が無いの。。。」
過去にDV、ネグレクトなどの被害を受けた人間に多いのですが、例えば、よく「私、男運が無いの」と云う女性ががいますが、大抵は、自分自身が、「カス男」を引き寄せています。 何故かと云えば、「カス男、クズ男」が、無意識の「脳」が大好きなんです

例えば、合コンなんかで、過去にDV、ネグレクトなどの被害を受けた女性は、「ダメな男」しか気にならないのです。 見事なまでに、普通の男には興味がわかないのです。

何故かと云えば、
「自分を頼りにしてくれるダメな男」を求めてしまうのです。最後には「共依存」の関係になり、最後には、DVを受けても、離れられなくなるのです。

※自分も「マトモな脳」をしているか?
もっとも、自分も「マトモな脳」をしていなければ、「マトモな脳」をした男性とめぐり合えないかもしれません。書籍を読めば、まずは自分が「マトモな脳」しているかどうかも、少しは認識できると思います。

婚活中の30代女性。。。気をつけて下さい。
相手の「脳」の中まで見えないと、追いつかない時代になっていますので。。。。。ホリエモンの言葉に、いちいち反応している場合ではありません。

「テレビやネットを見ている暇が有るなら、本を読め!」です。

関連記事
今年、一番面白かった、他人のブログ記事。。。もう「最高傑作」です。

保護者の所得は学力にどれほど影響があるのか?  非常に興味深い内容の記事を見つけましたので紹介します。

高槻中1女子殺害事件に思う。

恋人がいない若者の4割弱は恋人が欲しくない。。。。なんだそれ?

「酒鬼薔薇聖斗」こと、「元少年A」という名で18年前の神戸連続児童殺傷事件を起こした犯人が手記『絶歌』を出版

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*