Mozillaが、WEBブラウザ Firefox Quantum (「Firefox 66」)をリリース

2019年3月19日、
Mozillaが、WEBブラウザ Firefox Quantum (「Firefox 66」)をリリースしました。

最近、どのブラウザもそうなんですが、Windows 10の32bit版では、メインメモリを最大3.4GBしか認識できませんので、タブを10個くらい開くと、メインメモリの消費量が80%くらいに膨れ上がり、動作が重くなってしまいます。

ChromeもFirefoxも、メモリ喰いすぎの「WEBブラウザ」、何とかなりませんかね。。。。

やはり、Windows 10の64bit版にしないと。。。。ちょっと苦しいです。
64bit版にすれば、インテルのCPUによっては、メモリ空間は128GB以上に拡張できますので、そろそろ、入れ替えた方が良いのでしょう。

現在、販売されているパソコンは、ほぼ「Windows 10」の64bit版ですので、心配ないですが、メインメモリが4GBしか積んでいない場合は、倍の8GBに増設すれば、CPUの性能がそんなに良くなくても、重くなることは無いでしょう。

「Windows 10」64bit版の場合は、CPUがコアi3くらいでも、メインメモリの容量さえあれば、さくさく動くでしょう。

Firefox 66

今回の機能強化点
■「Windows 10」において「Windows Hello」を利用した「FIDO2(指紋や顔、PINコードなどでユーザーを認証してアプリケーションにそれを安全に伝える標準規格)」によるWEB認証をサポート。

これを体験するには、今春正式リリースされる予定の「Windows 10」Ver 1903(19H1)が必要になります。

■音声の自動再生をデフォルトでブロックする機能を追加。

よく、WEBサイトを開いた時に、動画を音声付きで自動再生する設定にしていても、自動再生をブロックする機能です。

個別のWebサイトでブロックを解除することも可能です。

・詳細はリリースノート参照
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/66.0/releasenotes/

対応OS
・Windows  :7、 8、 10
・Mac OS X : v10.9以降
Linux   :GTK + 3.4以上

・ダウンロード サイト
https://www.mozilla.org/ja/

・モジラ Firefox 日本語サイト
https://www.mozilla.org/ja/firefox/

関連記事
Mozillaがファイルを暗号化して安全に共有できる無料のWebサービス「Firefox Send」の正式提供を開始したと発表

【Firefox活用】今見ているサイトを翻訳する、メール送信できるFirefox拡張機能を2つ紹介します。

Mozillaが、WEBブラウザ Firefox Quantum (「Firefox 65」)をリリース
Mozillaが、WEBブラウザ Firefox Quantum (「Firefox 64」)をリリース
Mozillaが、WEBブラウザ Firefox Quantum (「Firefox 63」)をリリース


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください