2次元汎用CADの定番ソフト「Jw_cad」の最新版v8.10がリリースしました。

2019年5月6日、
2次元汎用CADの定番ソフト「Jw_cad」の最新版v8.10がリリースしました。

前回2017年5月6日日から、約2年ぶりのアップデート「v8.10」がリリースしました。

 

Version 8.10 での変更点

・インストーラーが意図しない DLL や EXE を読み込んでしまう脆弱性に対する対策を実施。

・SXF共通ライブラリをVer.3.30にアップデートし、Ver.3.21以前のバッ ファ オーバーフローの脆弱性に対する対策を行った。

・マイクロソフト Surface Dial のインターフェースに一部対応。

・ マウスのホイールをクリックすると、線色・線種が選択できるようにした。

・「属性選択」ダイアログの「ソリッド図形指定」のチェックボックスをクリックすると、「ハッチ属性指定」にチェックが付いてしまう現象を解消した。

・複数のレイヤに文字を記入した図面で「文字列範囲を背景色で描画」設定を行い、文字が記入されているレイヤ(1つでも)を表示のみレイヤに設定すると、 編集 可能レイヤの文字の範囲が塗り潰されたように表示される現象を回避。

・埋め込み文字に新元号 対応の文字を追加。

対応OS
Windows Vista、7、 8.1、10

・Jw_cad 作者サイト
http://www.jwcad.net/

関連記事
2次元汎用CADの定番ソフト「Jw_cad」の最新版v8.02がリリース
2次元汎用CADの定番ソフト「Jw_cad」の最新版v8.01がリリースしました。
2次元汎用CADの定番ソフト「Jw_cad」の最新版v8.00が、約3年ぶりにリリース

フリーの2次元CADソフト まとめ
フリーの3次元CADソフト まとめ


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください