Microsoft社が、Windows 10とAndroidスマホをつなぐランチャーアプリ「Microsoft Launcher 5.5」を正式公開

2019年6月27日、
Microsoft社が、Windows 10とAndroidスマホをつなぐランチャーアプリ「Microsoft Launcher 5.5」を正式公開しました。

「Microsoft Launcher」は、Microsoft「Windows 10」との連携に優れた、シームレスに連携するように設計されたランチャーアプリです。

Android端末で、Googleのアプリを連携している人も、「Windows 10」のユーザーでAndroid版のスマホを所有している方は、お試しあれ。

Microsoft Launcher

機能

・Microsoftアカウントでログインしておけば、付箋アプリ「Microsoft Sticky Notes」のメモやWindows 10の「タイムライン」と同期することが可能。

・携帯電話と Windows PC をリンクして PC の Office 365 ドキュメントを編集したりすることができます。

・時間・天気ウィジェットを再設計(複数の場所を登録できるようになった)。

・タスク機能
フラグを設定したメール(Flagged Email)がサポートされた。「Outlook on the web(OTA)」で重要であるとマークされたメールが、タスクとして「Microsoft Launcher」へ自動追加される仕組みになっています。

対応OS
Android 4.0.3以降、特定のファミリー機能にはAndroid 5.0以降が必要です。

Microsoft Launcher サイト
https://www.microsoft.com/en-us/launcher

「Google Play」サイトからも無償でダウンロード可能です。

追記
Microsoft Edgeが、Androidスマホで使用できるようになりました。
Windows 10 ユーザーはどのデバイスでも継続的ブラウジング エクスペリエンスを利用できます。
・Google Playサイト
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.emmx

関連記事
Microsoftが、Windows 10とAndroidスマホをつなぐランチャーアプリ「Microsoft Launcher 5.3」を正式公開しました。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする