Microsoftが、新しいモバイル向けのWord・Excel・PowerPointを統合したスマートフォンアプリ「Office」を発表

2019年11月4日(現地時間)、
Microsoftが、「Microsoft Ignite 2019」で、新しいモバイル向けのWord・Excel・PowerPointを統合したスマートフォンアプリ「Office」を発表しました。

新アプリは現在、Android向けは、パブリックプレビュー版として提供されています。

料金のことは、一切、出てきていませんので、分かりませんが、どうなんでしょう? モバイル版は、低価格で使用できるようになるのか?  又は、無償で提供されるのかは、まだ分かりません。

新しいモバイル向けのWord・Excel・PowerPointを統合したスマートフォンアプリ「Office」

特徴
最大の特徴は、iOS、Android版ともモバイル用の「Office」は、各アプリをそれぞれ個々にダウンロードする必要がありましたが、Word、Excel、PowerPointを1つのアプリにまとめています。

■クラウドやデバイスに保存してあるファイルにアクセスでき、付箋にリマインダーや覚え書きをメモすることも可能だ。 メモ機能「Sticky Notes」もアプリ内で利用可能です。

■デバイスのカメラで撮影したテキストをWordファイルに、表組みをExcelファイルに変換できる。
■写真やドキュメントからPDFを作成したり、指でPDFに署名が可能。

■QRコードのスキャンでファイルやリンクを開くことも可能だ。

■ホワイトボードや印刷物の内容を、スキャンしたようにデータ化する「Office Lens」に対応しています。更に、画像からOfficeドキュメントへの変換も可能です。

色々なアプリとも連携が取れていますので、モバイルバラではの使い方が確立されていれば、便利かもしれません。

アプリ版のOfficeは先着1万人限定で公開プレビュー版がリリースされていますが、iOS版は、すでに人数上限に達したため公開が打ち切りですが、Android版はテストに参加することが、まだ可能です。

入手方法
Android用Officeアプリ-パブリックプレビューにアクセスするには、下記のサイトから、画面の指示に従ってプレビューグループに参加しないと、アプリを入手出来ません。

Android版をダウンロードするには、下記のリンクにアクセスします。
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Office-Apps-Blog/Office-app-for-Android-How-to-access-the-public-preview/ba-p/976713


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする