キングソフト(株)が、Mac向けオフィスソフト「WPS Office」の体験版を公開しました。

2019年8月27日、
キングソフト(株)が、Mac向けオフィスソフト「WPS Office」の体験版を公開しました。

VBAにこそ対応しないものの、それ以外の機能はWindows向けとほぼ同等です。

WPS Office」(旧名:「KINGSOFT Office」)とは、
「Microsoft Office」との互換性を持った、低価格のオフィスソフトです。
・ワープロソフト「Writer」
・表計算ソフト「Spreadsheets」
・プレゼンテーション「Presentation」
上記の3つからなる総合オフィスソフトです。

従来からあるWindows版は、「Standard Edition」で価格5,880円(税込)で購入できます。
VBAサポートや追加のフォントが同梱された上位エディションもあります。

WPS Office

対応OS
macOS 10.12以降

この体験版の試用期間は、60日間もありますので、操作や機能、互換性などを十分にテストすることが可能でしょう。

・下記のサイトから、体験版をダウンロード可能です。
https://www.kingsoft.jp/office/mac

ダウンロードして使ってみましたが、Windows版もそうですが、有料のせいか、、操作性など、無償のOfficeの中では、MicrosoftのOfficeに一番似ている「Officeソフト」ではないかと思います。

確かに、マクロ(VBA)を含んでいる所は、機能しませんが、関数などは、そのまま使えるようになっているのではないでしょうか。

関連記事
ソースネクストが、Mac OS用となるMicrosoft Office互換のオフィス統合ソフト「Polaris Office for Mac」を発表、3月13日(月)にダウンロード販売を開始

キングソフトが、「KINGSOFT Office」から進化した「WPS Office」最新版v10.8.0.6184をリリース

無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください