格安スマホ「ZenFone 3 Max」から、「ZenFone  Max(M2)」に機種を変更したが、SIMのサイズが違った!!

2019年9月27日、
本日は、格安スマホ「ZenFone 3 Max」から、「ZenFone  Max(M2)」に機種変更(購入)したが、SIMのサイズが違ってた!!。。。。です。

迷いに迷って、仕事帰りに「ヨドバシカメラ」で、ついに、今年3月に発売された、ASUSの「ZenFone  Max(M2)」を購入してみました。

ところが、早速、SIMを載せ替えようとしたら!!


Sponsored Links




1.やってしまいました!!!!

その足で、早速、紀伊國屋スタバで、SIMを載せ替えようと、張り切って、現役のASUSの「ZenFone 3 Max」からSIMを外して、「ZenFone  Max(M2)」のカードスロットを引っ張り出して気が付いたのは。。。。SIMのスロットサイズが小さい!!! 「microSIM」は入んないだろ!!!

自分の使用している格安SIMの「サイズ」をちゃんと認識していなかったのでした。。。

SIMカードスロット
■「ZenFone 3 Max」は、「microSIM」、「nanoSIM」の両方のSIMをセット可能だが、入っていていたのは「microSIM」でした。。。

■「ZenFone  Max(M2)」は、「manoSIM」のみ2枚しか入らないのです!!

やらかしてしまった後始末は、自分でけつを拭くしかありません。

最初に、MVNOで契約したのは、ビックSIM(IIJ)の通話付きのSIMですので、明日、札幌ビックカメラに行けば、【SIMカード交換・再発行(サイズ変更)手数料0円】のキャンペーンを9月30日までやっているので、サイズ変更を早速してきます。

ついでに、月6GBのプランから、千円ほど高くなるが、12GBのプランに変更しようか検討してみましょう(この変更は、WEB上からしか申し込めないので注意、しかも月末までに)。

2.ASUSの「ZenFone  Max(M2)」 

2019年3月発売もモデルです。
端末価格は、2万6千円ほどでしたが、ヨドバシのポイントが8,000円分ありましたので、実質、2万円以下で購入できました。

大きさ:約158.4×76.2×7.7mm、重さ:約160g。

特徴
■OS     :Android 8.1。
■画面サイズ  :6.3インチのIPS液晶で、アスペクト比は19:9、ノッチありの仕様。

■リバースチャージ機能付き
大容量バッテリー(4,000mAh)を活かした(USB端子経由で、モバイルバッテリーのように他の機器への給電が可能)

■DSDV(デュアルスタンバイ/デュアルVoLTE)対応
manoSIMカード×2+マイクロSDカードスロットが同時に使える「トリプルスロット」です。

■背面側に搭載された指紋認証センサー、顔認証機能など。

■カメラ
・リア:約1300万画素で、約200万画素の深度測定用カメラとデュアルレンズカメラを搭載。
・フロント:約800万画素。

3.気を取り直して、まずは、3端末を並べてみました。

左から、「ZenFone 3 Max」、「iPhone 6Plus」、「ZenFone  Max(M2)

端末の大きさ、厚さは、ほぼ、「iPhone 6Plus」と「ZenFone  Max(M2)」が、ほぼ同じですが、画面の表示領域は、特に縦の方向で、ZenFoneの方が広いです。

何といっても、ZenFone MAXの魅力は、大容量バッテリー(4,000mAh)です。
(毎日、充電しなくても、普通に使用していても2日間くらいは持ちます

仕方ないので、とりあえず、紀伊國屋スタバで、端末の初期設定、システムのアップデート、アプリのダウンロードと、最初にする必要のある作業は終了したのですが、肝心のSIMが使えないので。。。参りました。

4.まだSIMは入っていませんが、使ってみた感想は、Goodです!!!!

通信回線無しで、スタバのWifi経由で、メール、ブラウザなど、一通りのアプリを使ってみましたが、さすが、メインメモリが4GB積んであるので、サックサックに動きます。Googleプレイストアのアプリのダウンロードとインストールが、本当に速いです。

Android端末を購入する時、安い端末を購入するのはいいのですが、メインメモリに4GB積んでいるのを選択すると、動作速度に関しては、失敗しないでしょう。特に「iPhone」などを使い続けていたユーザーは、この速さが当たり前になっていますので、安いの買うと重くて大失敗しますよ。

この位の性能であれば、あとは、使い慣れれば、十分に使えるでしょう。 もっと早く、購入すればよかった。。。と、今更ですが、後悔しています。

値段が高くてAppleの「iPhone 11」の購入を諦めてかけている方、今時は、3万円もしないで「iPhone」と同じように、サクサクと動く端末が、他社製品でも数台あります。「iPhone 11」を買うお金があれば、3台購入できます。

ZenFone  Max(M2)」より、上位の機種で、1万円強高い3万8千円の「ZenFone Max Pro(M2)」もあるのですが、MAX(M2)でも十分なような気がします。

追記> 9月28日(土)
札幌駅の「ビックカメラ」で、SIMサイズの変更手続きを1時間ほどで完了しましたので、入れ替えが完了しました。キャンペーン中でしたので、【SIMカード交換・再発行(サイズ変更)手数料0円】でした。
<補足>
ビックカメラの格安「BIGSIM」は、IIJ(MVNO)の製品ですで、店舗で扱っています。

最近のSIMのパッケージは、大変、便利にできていて、3種のどのSIMサイズでも、受け取るSIMは同じで、サイズに合わせて、くり抜けばいいだけになっています。

5.アプリの使用感想

■GoogleのGメールを使わずに、Microsoft社の「Outlook」メールアプリをダークモードで、使用していますが、いい感じです。1日約300件ほどのメールをさばいていますが、夜、移動中のバスの中でも、目もあまり疲れません。

■ちょっと、気になるのですが、「iPhone 6 Plus」はデカくても、ホームボタンを二回押すと、画面が下に下がってきましたので、画面上部のボタンが片手でも何とかタップで来たのですが、「ZenFone  Max」は、それができなくて、どうしても右手を使ってしまう処が、ちょっと不便ですね。

■「ZenFone 3 Maxでは、味わえなかったサクサク感が、気持ちがよく、通話以外使用していなかったAndroid端末をメインで使用して、やっと「iPhone 6 Plus」は、音楽を聴くための「iPod Tuoch」代わりにしかならないようになりました。 すると、電池の消耗が激しかった「iPhone 6 Plus」は、「Bluetooth」経由で音楽を聴くだけになりましたので、思いの外、電池が長持ちするようになりました。

■結局、2台持ちに変わりはありませんが、「iPhone 6 Plus」は、「Bluetooth」経由で音楽を聴くだけの「iPod Tuoch」代わりにして、その他は「ZenFone  Max(M2)」で全部、まかなうようになりましたのでやれやれです。

電話がかかってきたときは、「Bluetooth」経由で音楽を聴くだけの「iPhone 6 Plus」に接続して聴いているので、着信が分かりませんが、どうでもいいでしょう。

「iPhone 6 Plus」は、「Bluetooth」経由で音楽を聴くだけの「iPod Tuoch」代わりにしていますので、「Bluetooth」のみしか使用していないと、電池の持ちが良いのです。全然、音楽を聴いていても、減りません。 今まで、直ぐなくなる電池交換も必要なくなりました。

関連記事
ASUS JAPANが、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「ZenFone Max(M2)」「ZenFone Max Pro(M2)」を3月15日に発売


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする