Apple、Beatsが、初のノイズキャンセリングや「開くと電源オン」機能搭載の「Beats Solo Pro」を発売

10月30日、
Apple、Beatsが、初のノイズキャンセリングや「開くと電源オン」機能搭載の「Beats Solo Pro」を発売しました。  価格は29,800円(税別)

Beatsは、Appleに吸収されてしまいましたので、積極的な商品展開をしなくなりました。

by Dr. Dre」のファンとしては、Appleにやられた感が強く、大変残念です。

色は、ブラック、アイボリー、グレイ、ダークブルー、ライトブルー、レッドの6色。

■Beatsの独自技術ピュアアダプティブ ノイズキャンセリング(Pure ANC)機能を搭載

■Transparency機能にも対応しており、ボタンをタップするだけで、耳から外さずに駅のアナウンスなど、周囲の音を確認できます。

■バッテリーの持続時間は最長22時間。Pure ANCとTransparencyをオフにすれば、最長40時間の利用が可能です。

■10分の充電で3時間利用可能になるFast Fuel機能も搭載します。

■Solo Proには電源ボタンがなく、ヘッドフォンを開くだけで電源が入り、たためば電源がオフになります。

■iOS 13のオーディオ共有機能にも対応。
オーディオ共有機能とは、1台のiPhone、iPad、iPod touchに、同時に2セットのBluetoothイヤホンやヘッドフォンをペアリングして、同時に同じ音楽や動画の音声が楽しめる機能です。

本当は、このような「ヘットフォン」が、歳ですので、なかなか、街中で使うには、躊躇してしまいます。 ですので、いつも、下記のようなカナルタイプで我慢していますが、コードは、必ず、平コードで、色は赤で、少しでも目立つ色にしています。

・「Beats Solo Pro」 サイト
https://www.beatsbydre.com/jp/headphones/solo-pro/add-to-cart

関連記事
Appleのネックバンド型のBluetoothイヤフォン「BeatsX」を買ってみました。
Beats by Dr. Dreが、ワイヤレスのイヤフォン2種類、ヘッドフォン1種類を発表
Apple Storeが、Beatsヘッドフォンの日本限定モデル「Beats Solo2」と「Powerbeats2」を発売

Appleが、新型のワイヤレスイヤホン「AirPods(エアポッド)」を発表した。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする