【面白記事】 携帯大手に激震必至:2400億円調達した楽天の「歴史的提携」 土管屋3社にとっては「悪夢」としか言いようのない組み合わせではないかと。

2021-03-13、
本日の面白いと思った記事を紹介しますが、土管屋(キャリア:携帯大手)3社に割って入ってきた、新参のキャリアが巻き起こすと予想される出来事になれば、大変、面白い事になります。

私の場合、株式投資はしていませんので、株価がどうなるかは知ったことではありませんが、楽天と郵便局(日本郵政)がタッグを組むことになり、「料金値下げ」の件でも、楽天モバイルに煽られている土管屋3社にとっては「悪夢」としか言いようのない組み合わせではないかと言っています。

携帯大手に激震必至:2400億円調達した楽天の「歴史的提携」(新潮社 フォーサイト)

3月12日、楽天グループは「第三者割当増資で約2400億円を調達する」と発表した。出資するのは日本郵政グループ、中国ネット大手のテンセント・ホールディングス、米小売り大手のウォルマートと、個人としての三木谷浩史楽天グループ会長兼社長。最大の引き受け先は1500億円を出資する日本郵政だ。

今回、出資する中国ネット大手の「テンセント・ホールディングス」、米小売り大手の「ウォルマート」も気になる所です。

▮店舗経営
・楽天モバイルの実店舗は、全国に約200店しかない。
・土管屋3社の実店舗は、それぞれ2,000店舗を超えている。

しかし、楽天は、資本業務提携を結んだ日本郵政傘下の全国2万4000店舗で販促ができるようになる。これを利用すれば、土管屋3社の10倍のリアルな販売拠点を手に入れたことになるのです。

しかも、各社「料金値下げ」を実施したのは良いが、リアル店舗では契約させず、オンラインで契約する形態ですので、取り残された、圧倒的多数の「情弱ユーザー」を郵便局で契約させて取り込めば、更に、一気に楽天のユーザーも増えるでしょう。

▮物流網

日本郵政の資産は郵便局だけではない。全国に張り巡らせた強固な物流網も、数年前の「宅配クライシス」で苦労した楽天にとっては大きな魅力だ。

ネット上に、店舗を持っている楽天にとって、この物流網でも大きく違うでしょう。

土管屋3社は、ちまちま、決済方法などやっていますが、手数料稼ぎで、大した儲けにはならないでしょう。

もう、土管屋3社の様に、売る物が「土管(通信回線)」しかない時代ではないのです。

中途半端なことはせずに、「土管屋」業に専念していれば良いんです。

なんか勘違いしている。。。。公共の電波を使い、何千億円も儲けてんじゃないんだよ。
少し「細い土管」の様に、質素に経営しろと言いたくなります。

楽天は、「GAFA+M」の様な巨大な企業ではないが、ネットの世界と、リアルのビジネスが融合して商売上の競争力をつければ、これから、まだまだ成長できる企業になるのではないでしょうか。

関連記事
【携帯料金値下げ問題】本当の問題は料金の値下げではなく、スマホさえも使いこなせない奴らの安い方へ移動できない体たらくだ。

【たいして重要でもない問題】やっと、キャリア3社の新料金が出そろいましたが、喜べないユーザーが沢山いる

新年早々、携帯電話の料金について、記載してみましょうか。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする