楽天が、携帯電話の料金体系を正式発表しました。正式サービスは4月8日から

2020年3月3日(ひな祭りですが。。。)、
楽天が、キャリアの仲間入りをして、携帯電話の料金体系を正式発表しました。 
正式サービスは4月8日から。

料金プランは「Rakuten UN-LIMIT」一つだけです。 シンプルで良いです。

キャリア3社は、最近「楽天」を警戒して、盛んにコマーシャルを入れて通信容量を大容量にして、安さをアピールしていますが、ちょっとだけ安くして来ているだけです。

世の中、猫も杓子も、バカ動画、エロ動画を観たり、バカゲームをする奴が増えていますので、楽天が、どのような月額料金で、どう攻めてくるのかが判明しましたので感想を。

結論から先に云えば、「楽天」の今の状況は、ちょっと残念です。まだエリアが狭すぎる。

でも「楽天」の場合、ほかのキャリアと違い、コンテンツをしっかり持っていますので、これを活用できるかが、収益のポイントになるでしょう。

ひな祭り

東京周辺の都市部なら、すぐに乗っかっても良いのではと思いますが、地方はちょっとですね。蓋を開けたが、通信設備の環境が、ちょっと。。。なのです。

3キャリアと比較すると「楽天モバイル」は、新規参入ですので、急ピッチで基地局を建設しているものの、特に地方ではまだエリアがスカスカでしょう。都市部でも、地下街やビル内では、エリアが整備されていないようですので。。

1.料金とサービス内容

タダより安いものは無い!!! 私も良くわからない?

楽天 料金プラン

1)先着? 300万人を対象に、月額2,980円の料金を1年間無料(※通話料金は別費用)とするキャンペーンを実施。

契約受付のスケジュール
新規とMNPで異なります。
■新規契約は、3月3日16時よりWebサイトで、翌4日からは各店舗でも受付を実施。
■MNP契約や楽天MVNOサービスの既存ユーザーについては、4月8日から契約受付を実施。
(尚、楽天MVNOの新規契約受付は4月7日で終了する。)

1年後、auの回線を使わづに、完全に自社回線になればいいのですが。。。ちょっと不安。

もし、契約するとしたら、まだ通信エリアが新規参入で狭いのですが、でもエリアが広くなった頃に、月額2,980円程度なら、ちょっと、気持ちが動くかもしれません。

2)2,980円でデータ通信が使い放題(まだエリアが狭いが。。。)
当分、自社とauの回線を借りる(ローミング)形なので、自社回線エリアのみ使い放題。

但し、auローミングのエリアは、auに支払う通信料金が発生する為「月2GB」の制限がかかります(2GB超過後の速度は最大128kbps、ワイモバイルと同じで遅くて使い物にならない)。

3)音声通話に関しても、「楽天Link」アプリを通すことで使い放題になります。
通話が使い放題となるのは、ユーザーによっては、ちょっと魅力がありますね。

楽天の通話無料(SMSも)サービスは、キャリア3社の従来の音声通話サービスの価値を脅かしかねないと見られています。なぜなら、この値段でデータ通信はあまり使わないが、通話は必要というユーザーは、結構、多いように思います。

この「楽天 Link」アプリは、Androidスマートフォンのみ対応で、「iPhone」には対応していませんので、スマホを買い替える必要が生じます。

4)楽天では自社回線サービスの対応製品を「全機種SIMロックフリーで販売する」と表明、契約期間の縛りもありません。

嫌なら、「解約金」無しで、すぐに辞めることが可能で、何より金で縛れれないのが気分がいいですね。

現実的には、上記のような状況ですので、さて、既存キャリア3社がどう動くのか?

あと1年待てば、自社の通信エリアも拡大して、このサービスが本格的になれば、既存キャリア3社も、強情に、あくまでも高止まりで、安くしてきませんでしたが、いよいよ総務省に言われるまでもなく、価格競争を迫られますので、面白くなるでしょう。

3キャリアの解約率(楽天に流れる)が、楽しみですね。

感想として、MVNO(IIJ)を使用している私でも、札幌ですので、ちょっと待とうか。。。ですね。

自社のエリアが拡大するまで、期待しないで、1年くらいは、様子をみましょうか。

いずれにしても、結果が出るのは、来年の春頃になるかと思います。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする