楽天モバイルで契約したOppoのAndroid端末が壊れて修理に出したので、中古の「iPhone8」に端末だけ乗り換えてみた時の作業内容について。

2021-09-01、
本日の話題は、楽天モバイルで契約したOppoのAndroid端末が壊れて修理に出したので、中古の「iPhone8」に端末だけ乗り換えてみた時の作業内容についてです。

8月の末日、一番忙しい日に、先輩から電話があり、スマホが壊れて充電できなくなったので、修理に出すのと、代替えの端末を使用したいから、付き合てほしいと連絡が入りました。

OppoのAndroid端末でしたので、直接、Oppoに修理に出す事になり、それで代替えの端末をどうするか? この際だから、代替え機を購入しておこうと云う話になり、どんな端末が良いか? 楽天は「iPhone」が使えるようになりましたので、「ゲオ」だと、2万円位で中古の「iPhone 8」が購入でききますので、それが良いのではないかと云う話になりました。

端末だけ購入するのは、簡単ですが、SIMを入れ替えて、設定するのが、少し大変なのです。

過去に、楽天では「iPhone」が使えませんでしたが、2021年4月より使える様になり、この機会にRakutenで「iPhone」を使いたいと考えている方に読んでもらいたいと思います。

更に、今の楽天の回線状況についても、自分が使用している範囲ですが、正直な感想を記載します。

1)Android端末が壊れたタイミングで、「iPhone」を使いたいと思っている方。

2)端末が壊れてはいないけど、「iPhone」を使いたいと思っている方。

3)他のキャリアなどから楽天に乗り換えて、今の「iPhone」をそのまま使用したい方。

1.Rakutenで「iPhone」が使えるようになり、便利になった点

「iPhone」が楽天で使用できる様になったのは、Appleのティムクックに掛け合った三木谷君のおかげでしょう。 「楽天リンク」という、電話をするのに必要な「独自アプリ」なのですが、これをアップルが、初め認めてくれなかったそうです。

今回の端末乗り換え作業で、一番厄介だと予想していたのが、電話帳(電話帳)の入れ替え作業でしたが、この「楽天リンク」を使用していれば、端末を入れ替えしても、データの移行作業など一切行わなくても、新しい端末に「楽天リンク」アプリをインストールして、ログインすれば、前の端末で使用していた連絡先が全て使えます。 iOSの専用の「連絡帳」アプリにもデータがちゃんとセットされています!!! これは本当に便利ですよ。

Appleの「iPhone」から「iPhone」なら、「icloud」にバックアップさえ取っていれば、簡単に書き戻す事ができましたが、Android端末から「iPhone」に移動するのは面倒でした。

何にも、移行作業をしなくても、連絡先のデータが、入ってくるのですから。。。便利です。

2.楽天を利用していて、Android端末が壊れたタイミングで、「iPhone」を使う

1)安く済ませるのは、どの「iPhone」にするか?

「iPhone6s」、「iPhone 7」、「iPhone 8」、「iPhone 10」など、機種は沢山あるが、安くあげるなら、SIMフリーの「iPhone 8」当たりが無難ではないでしょうか。

値段も、2万円代の前半で、電池容量80%以上の端末が、ゲオなどで販売されています。

「iPhone 8」なら無接点充電も可能ですし、OSも最新バージョンが使用できます。

3.「iPhone 8」を購入したら行う作業

これは、どのiPhoneでも、同じ作業でしょう。

1)SIMを入れる

やったことが無い人は、是非、自分でやってみてください。

クリップの先ほどの細さがあれば、伸ばして、SIMスロットの傍の穴に差し込むと、スロットが出てきますので、「SIM」をスロットにちゃんと載せて、格納するだけです。

まだ、この時点では、データ通信は使えません(開通していませんので)。

2)APN設定 プロファイルをダウンロードして設定する。

Android端末なら楽天のプロファイルは、ほぼ、入っていますので設定すれば3秒で終了しますが、iPhoneの場合は、サイトから「プロファイル」をダウンロードして設定しないと開通しません。(この作業は、まだデータ通信が開通していませんので、Wi-Fiを使い無線LANで接続して通信を行う必要があります。。。意味、分かります?)

■APN設定方法 楽天サイト
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/rmobile_jp/#apn-iphone

3)APN設定後に実施する作業

APN設定後、直ぐに、楽天のデータ通信は開通しません。数分待つ必要があります。ここは繋がらないと焦らずに。

4)Apple IDとパスワード

Apple IDとパスワードで、ログインしないと、アプリもダウンロードできなませんので、ログインする。

※初めての人は、Apple IDとパスワードを登録する作業があります。

5)楽天の専用アプリ 2本を必ずダウンロード

Appleのストアから、楽天リンク(通話管理)MY楽天(ユーザー管理)アプリをダウンロードする、その後起動して、 楽天のIDとパスワードで、ログインする。

別の端末で「楽天リンク」を使用していれば、その時の「電話帳」が出てきて、すぐに使えます。

iOSの純正「連絡帳」アプリにもデータが設定されているはずです。

6)自分が以前使用していた各種アプリをAppleのストアから、ダウンロードしてインストール。

SNS系のアプリ、例えばLineなどは、自分で設定できますよね。

Android端末を使用していた方は、「AppleのAppストア」から、同じアプリをインストールです。

セットアップ方法は、各アプリの設定情報を検索すれば、出てくるでしょう。

7)メールアプリ

GoogleのGmail、ヤフーメールは、IOSの純正「メール」アプリでも、アカウント登録すれば、両方管理できます。

1つのアプリで両方管理するのが嫌な方は、Gmail、ヤフーメール それぞれ専用アプリがありますので、それをインストールして管理できます。

4.私の楽天モバイルの利用状況

ASUSの「ZeneFon Max(M2)」に、「IIJ(ビックカメラのBICSIM)」と「楽天」2枚差し(DSDS)で使用しています。

ZeneFon Max(M2)は楽天に対応している端末ですが、ちょっと不便な点もあります。

デュアルSIM(DSDS)にすると、データ通信、通話、SMSと、どの回線を使用するか、それぞれ選択してセットできます。

但し、楽天の場合、楽天回線が繋がらない時、AUの回線に自動的(ローミング)に繋がります。 ですが、楽天回線が使えるエリアに来ても、自動で楽天回線に繋ながらないのです。手動で設定する必要があるのです。 これが、結構、不便な点ですが、改善できないのでしょうか。

三木谷君は、auに支払うローミングの費用がかさみ、楽天モバイルが黒字にならないとぼやいていますが、ユーザーも、auのローミングに入って、自動で楽天回線に切り替わらないから、なおさら、ローミング代金がかさむのです。

ハードなのか、ソフト的なのが、原因は知らないが、何とかせい! 。。。です。

あとは、楽天回線は、総務省から割り当てられている周波数帯バンドは、1バンドしかありませんので、札幌駅から大通りくらいまでのエリアでも、地上はもとより、地下も繋がりにくいところがたくさんあります。

楽天は、地上は、衛星電波を使い電波を拡張しようとしていますが、地下は、他のキャリアから、プラチナバンド(プラチナバンド)を横取りしないと、繋がらない状況は、何年たっても、改善しないでしょう。

札幌駅から大通リまでの地下通路わきにあるビルの商業施設など、auのローミングでも繋がらないが、ドコモ回線は繋がる場所もあります。

ですので、これが、我慢できないユーザーは、楽天と契約しない方がいいのではないかと思います。

私自身も、1年間の無料の契約が切れる11月までに、継続するか、解約するか、いまだに迷っています。

楽天を継続するなら、
楽天の端末に対応するAndroid端末が少ないので、「iPhone」に機種変更して、もう一枚、IIJのSIMがありますので、eSIMにして、デュアルで使用したいと考え始めています。

楽天は、「通話」は無料で使えますので、「データ通信」を1GB以内にして使えば、利用料金が発生しません。そして、データ通信は、月額2,000円で20GBの使える「IIJ」のSIMを使えば、料金は月額2千円でいけます。

関連記事
【重要】iOS版のRakuten Linkアプリ仕様変更に関するお知らせ Android版のアプリは対象外です。

IIJmioの「ギガプラン」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Vプラン」 どちらを残すか、非常に悩むのです。

【携帯電話乗り換え】 MVNO各社と楽天モバイルの料金比較と、キャリアのサブブランドという選択肢もあります。

【面白記事】 携帯大手に激震必至:2400億円調達した楽天の「歴史的提携」 土管屋3社にとっては「悪夢」としか言いようのない組み合わせではないかと。

IIJmioの「ギガプラン」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Vプラン」 どちらを残すか、非常に悩むのです。

【MVNO新料金】IIJが、新プラン「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」で大幅値下げ! 音声SIMが、20GBで月1880円の提供を4月1日から開始すると発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする