セキュリティ一覧

8月30日(金曜日)の夜、家に帰って気がついた。 携帯電話(スマートフォン)が無い。。

いや、正確には、落としたのか?、置き忘れたのか? この時点では定かではない。。 多分、お客様の会社に置き忘れたと思い、次の日の夕方、仕事もないのに会社へ。 その場所(会社)のデスクには無かったので、その時、初めて、無くしたと思い、回線をWEBから、速攻で停止をかけました(自分で、ブラウザからログインすると回線を一時停止できるのです)。

ブラウザを開くと「Windowsセキュリティシステムが破損しています」と下記の画面が表示されることがあります。 「ヤマト運輸」を騙る、荷物の「不在通知」、「やられる」前段階ですので扱いに注意が必要です。

以前、自分でも経験していましたので、4日、朝早くお客様の会社から「どうしたら、いいの?」という電話をもらいましたので、今月、訪問するまで、またメッセージが出ても、触らないようにと、とりあえず、ブラウザの終了方法だけ教えて電話を切りました。

Kaspersky Labが、無償のアンチウイルス対策ソフト「Kaspersky Free」を全世界ユーザーに提供すると発表

ファイル、WEB、電子メール等を介したウイルスの検出、自動更新、自己防衛といった、アンチウイルスソフトに不可欠な基本機能が無償で提供されます。但し、無償版の「Kaspersky Free」には、ペアレンタルコントロール、オンライン決済保護、VPN接続といったプレミア機能が搭載されていません。

非常に、興味深い記事が掲載されていましたので紹介します。 「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白

Googleの開発者のジャスティン・シュー氏が「ウイルス対策製品のせいでブラウザの安全性が脅かされている」というツイートを発したりするなど、ウイルス対策ソフトがかえってセキュリティ上の問題となっているという指摘が出ています。

IPAが、Windowsの使用しているソフトウェアが最新の状態か否かを確認することができるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の最新版を公開

2016年12月21日、 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が、使用しているソフトウェアが最新の状態か否かを確認することができるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の最新版を公開。新たに、「Google Chrome」、Appleの管理アプリ「iTunes」、オフィス「LibreOffice」の3製品にも対応。

さまざまなウイルスセキュリティ対策ソフトをアンインストールできる「ESET AV Remover」

このタイミングで、なぜこのようなアプリが必要かと云うと、もう、勝手に「Windows 10」にアップグレードしてしまった人も大勢いらっしゃいますが。。。「Windows 10」へのアップグレード前にウイルス対策ソフトを一時的に削除しておかないと、アップグレード後にトラブルを起こす可能性が有るからです。

PCの動作が遅いなどの問題を診断・解決できる「Microsoft」の公式診断ツール 「Fix it」とセキュリティ対策ソフト。

Windowsの問題点や動作を重くする可能性のある原因を診断して、それを修復するのを支援してくれます。 Microsoftは、Windowsの種々の問題を解決する為のサイトを有していますので、なにが問題なのかさえ明確なら、結構役に立つと思いますので、何か問題が起こった時は、お試しあれ。