8月30日(金曜日)の夜、家に帰って気がついた。 携帯電話(スマートフォン)が無い。。

8月30日(金曜日)の夜、家に帰ってカバンを開けて気がついた。 携帯電話(スマートフォン)が無い。。。。ついにやってしまった!!!

いや、正確には、落としたのか?、置き忘れたのか? この時点では定かではない。。。

多分、お客様の会社に置き忘れたと思い、次の日の夕方、仕事もないのに会社へ。
会社のデスクには無かったので、その時、初めて無くしたと思い、回線をWEBから速攻で停止をかけました(自分でブラウザからログインすると回線を一時停止できるのです)。

その後、札幌駅まで戻って、駅南口の交番で紛失届を出して、半分、諦めかけて、もう新しい携帯電話を購入して、SIMも別会社で契約しようかと、ヨドバシカメラ、ビックカメラと、はしごをして検討していました。

ちょっと、疲れたので、いつも通っている「スタバ」へ行って、無くした旨を話すと、「ありますよ」。。「何? 私の携帯電話か。。。」、 私の携帯電話でした。置き忘れた場所は、会社ではなく、「スタバ」でした。

多分、置き忘れたのでしょう。 お店の子が、落とし物として預かり、店内にありました(もう少しで交番行でした)ので、幸いにも、すぐに手元にかえってきました。

一件落着です。

最近、歳のせいか、家から出かける時も、傘、メガネなどを忘れてしまう事が多くなりました。 最近ですが、銀行のATMで、カードを取り忘れましたが、どなたか届けてくれた方が居たのか、銀行に届いていました。 「預金残高」は、「雀の涙」程度でしたので、焦ることは、ありませんでしたが。。。。

車の運転もそうですが、何か、考え事をしている時など、脳が若くても、ルーティーン作業に、穴が空き、ついうっかりが、多発しますので、本当に注意が必要です。

<補足:スマートフォンを紛失した場合の注意事項
スマートフォンをなくした場合、通信回線を止めるだけではダメです。 WEBサービス(SNS、メールなど)で使用しているパスワード等も、自分で使用しているときのように、携帯電話にに「画面ロック」をかけていないと、ほぼすべて「ログイン」出来てしまいますので、変更しないと、使われてしまいますので、注意したほうが良いでしょう。

携帯電話に「画面ロック」をかけていないと、
「電話回線」以外に、スマートフォンは、「無線LAN」でネットと接続できてしまいますので、電話以外の機能で、アプリで使用しているパスワードは、全部、変更する必要があります。

しかし、この各WEBサービスのパスワードを変更すると、ちょっと大変なのです。 スマホ2台、タブレット1台、macとすべての端末でWEBサービスを使用していますので、パスワードを全部、再入力しないと使えないし、しかも、一度、使ったパスワードは、変更後、盗まれていなくても、元のパスワードを入力すると「使えない」と蹴られるので、始末に悪いのです。

もう一つ、ニュースです。「サラフェス2019」になだれ込む。

スマホが見つかり、あまりに嬉しかったので、女子を連れて、札幌駅南口イベント広場(札幌市中央区北5西3)で開催されいる「サラフェス 2019」に行ってきました。

開催時間は17時~23時(土曜・日曜は12時~20時、最終日は18時まで)。
期間は、8月31日(土)〜 9月9日(月)までです。
https://www.salafes.jp/

サラリーマン交流型フードイベント「サラフェス」が、今回が初めての開催されています。

主催は「サラフェス実行委員会」で、コンセプトは、
「働く男女を応援する」をテーマに、サラリーマン向けに楽しみながら食やお酒を楽しんもらおうと開いているそうです。

札幌駅の場合、東京の新橋や神田の様な飲み屋が、ほぼ、有りません(小奇麗な場所ばかりです)ので、東京でサラリーマン生活をした経験がある方なら、ちょっと寂しい感じがするのではないでしょうか。 庶民(オジサン)の楽しみが、あまりないのです。

駅の北口に、夕方、5時まで蕎麦屋、5時から立ち飲みになるお店が、一軒だけあります。

サラフェス2019 札幌駅

フードブースや立ち飲みカウンター、アウトドア会議ができるグランピングテント、スナックの雰囲気を演出する真っ黒なテントの中に設置したスナック、ツボ押しグッズを集めたコーナー、自由に本を借りることができる立ち読みコーナーなど、サラリーマンを意識したユニークなスペースが用意されています。

札幌は、日中は、まだ暑い日もありますが、日が暮れると、ぐっと涼しくなります。 夜、食べに行く場合は、何か、服を1枚持っていったほうが良いのではと思います。特に、女子は。

土曜日、夜、8時ころでしたので、一番食べたいと思った食材が、もう売り切れで、ガッカリでした。閉店まであと1時間ほど有ったのですが、頼むから、食材を切らさないようにして欲しいものです。

私は、何でも良いのですが、女子に人気の「肉寿司」が売り切れていて、連れて行った女子をガッカリさせてしまうのだけは、勘弁ですね。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする