タブレット一覧

ビックカメラが、19,224円(税込)の8インチWindows 10タブレット「SG080i」を販売開始

2015年12月22日、 ビックカメラが、19,224円(税込)の8インチWindows 10タブレット「SG080i」(旭エレクトロニクス製)を販売開始しました。 ビックカメラグループの「ビックカメラ」、「コジマ」、「ソフマップ」の店舗とオンラインショップで独占販売されます。

ASUS JAPANが、LTE/音声通話対応SIMロックフリーの7型Androidタブレット「ZenPad 7.0(Z370KL)」を12月25日より発売

現在、仕事の関係で、Huawei社の「MediaPad M1 8.0」にOCNの月額900円のSIMを入れて使用していますが、iPadと画面の縦横比の違う、このAndroidタブレットなかなか使いやすいです。 ちょうど、左手にもって、右手で操作できます。 ASUSのもそうですが、音声通話対応のSIMを入れれば、通話も可能です。片手で何とか持てますので、ちょっと、面白いかもしれません。

マウスコンピューターが、Windows 10搭載のタブレットPC 10.1型「MT-WN1001」と8.0型「WN802」の2機種を発売

12月18日、 マウスコンピューターが、Windows 10搭載のタブレットPC 10.1型「MT-WN1001」と8.0型「WN802」の2機種を発売しました。 マウスコンピューターから、Windows 10 (Home 32Bit) を搭載した、値段の手ごろなタブレット2機種がリリースされました。

iPad、iPhone、Androidタブレット、スマホも、両方使ってみて分かる、細部の作り込みの違いについて

本当は、買ってしまった後で、「結局、タブレットの使い道は?」などと云う「間抜け」な事にならないように、タブレット端末で何ができるか。。。。と云う前に、自分の「能力」と相談して下さい。 「オモチャ」にするには、もったいないですので。。。「タブレットもスマホもパソコンも、ただの道具ですので、あなたの能力以上の事は、何一つできません」 

富士通が、キーボード付きの10.1型Windowsタブレット「arrows Tab QH35/W」を発表しました。

タッチ操作に最適化された「Office Mobile」を搭載しており、Word、Excel、PowerPointの表示だけでなく、ドキュメントの作成や編集が可能です。ジャストシステム社製の日本語入力システム「ATOK」も搭載しています。 セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」を無料で利用できます。

「iPad ProがまだノートPCの代わりになり得ない理由」が、ちょっと面白かったので紹介します。

結論から先に言えば、ハードウエア性能以前に、Appleのタブレット「iPad Pro」は、Windowsのタブレット「Surface Pro 4」とは全然違いますのでノートPCの代わりにはなりません。 どこが違うか? AppleのMacやMicrosoftのWindowsを使いこなしている人なら、iPadをノートPCの様に使いこなしてみてと言われて、使ってみると3秒で分かるはずです。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が、同時に発売されましたが、どちら良いか、迷う必要なしです。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が、同時に発売されましたので、札幌駅の「ヨドバシカメラ」さんで、両方、触ってきました。感想を。 複数のプラットホームで、たくさんのタブレットがリリースされてきましたが、成熟してきたのか、そうではないのか、見る角度で違いますが、使うユーザーが限定されてきたような製品が、この「iPad Pro」と「Surface Pro 4」ではないでしょうか。