キングソフトが、「KINGSOFT Office」から進化した「WPS Office」最新版v10.8.0.6184をリリース

2017年8月8日、
キングソフトが、「KINGSOFT Office」から進化した「WPS Office」最新版v10.8.0.6184をリリースしました。

「WPS Office Standard Edition」+ガイドブック(PDF版)セットで、販売価格(税込): 6,480 円です。

2016年11月15日、「KINGSOFT Office」——>「WPS Office」に変わっています。

既存の「KINGSOFT Office」ユーザーの「WPS Office」への移行については、新たに購入する必要なく、旧「KINGSOFT Office」ユーザーを対象とした無償移行期間は当初9月30日までとされていたが、2017年12月31日まで延長されています。

Sponsored Links




1.「WPS Office」 機能追加

1)スマート図形(15種類)

Microsoft OfficeのSmart Artに対応するスマート図形(15種類)を搭載しました!

「スマート図形」は、WriterやPresentationにおいて、組織図やリスト作成などの図を、テンプレートを選択するだけで、簡単に作成できる。WordやPowerpointで作成したものも編集できます。

2)ピボットテーブルのスライサー機能

表計算ソフト「Spreadsheets」で、膨大なデータを分析するときに使用する「ピボットテーブル」。今回「スライサー機能」を搭載したことで、項目ごとに簡単にフィルタリングできるようになりました。

3)関数の参照元のトレース機能

Spreadsheetsにおいて、関数の参照元・参照先を矢印で確認できる機能を搭載しました。

2.最新版のリリースを記念した「ダブルピース!WPS Office キャンペーン」も開催。

(期間は、2017年8月8日から9月22日まで)

公式サイトより、体験版「WPS Office」をダウンロードしたユーザーに抽選で「WPS Office Standard Edition」ダウンロード版が提供されるほか、「WPS Office」を購入したユーザーに抽選で1万円分のギフト券が贈られる。

・キャンペーン サイト
https://www.kingsoft.jp/office/campaign/double-peace.html

関連記事
無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?

フリーのオフィススイート「SoftMaker FreeOffice」についてです お初です。
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.4.0を公開


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*