ご苦労様。。。そして「さよならカッシーニ」

本日のお話は、「さよならカッシーニ」です。

無人の「土星」探査機の名前は、天文学者の「カッシーニ」から取られています。 NASAの「カシー二」が、今月15日最後のミッションを終えるため、巨大な惑星である「土星」に、衛星「タイタン」の引力を利用して最終的にアプローチして、土星の大気圏に突入します。そして燃え尽きて流星のように崩壊します。。。。。

「カッシーニ」が、地球を飛び立ったのは1997年10月、スイングバイ航法を駆使して加速して、やっと「土星」の周回軌道にたどり着いたのは、2004年でした。 遠いですね、実に7年間もかけて、やっと土星の周回軌道に到着するんですから。2005年には、子機ホイヘンスが最大の衛星「タイタン」に着陸。そして、12年間という長期にわたって土星系を観測し、多大な成果を残してきました。


Sponsored Links




Cassini Makes its  ‘Goodbye Kiss’ Flyby of Titan
NASAの研究チームは、タイタンへの最後の接近を「別れのキス」と呼んでいた

NASAより参照

「ラストミッション」は、土星の北半球の大気圏にうまく、突入して、燃え尽きることです。

なぜ、燃え尽きることが、最後のミッションなのか?
「カッシーニ」の燃料が尽きて制御不能になってしまうと、この機体を「土星」上に残しておくことになり、土星の環境保護・保全(なんと、地球からの移住先としても考慮されている土星の衛星で生命が存在する可能性があるタイタンやエンケラドゥスを汚染しないた為に)を考える必要があるそうで、最後は、燃え尽きて原子に帰すしか方法はないようです。 ちょと悲しいですが、人類が搭乗していませんので、致し方ないことだと思います。

できれば、「USSエンタープライズ」号から「カッシーニ」に、私を転送して、一瞬で灰になれるのなら、最後の10分間くらいミッションに付き合ってもいい様な気がしますが、無人機ですので、船室も無く、無理でした。

「カッシーニ」が、土星の大気圏に突入後、燃え尽きる最後の瞬間までの電波が地球に届くのが、83分後だそうで、機体の消滅直前のデータが地球にちゃんと届くそうです。

それにしても、Final missionが、何故か、物悲しい気がします。

カッシーニが土星軌道に投入されてからの10年間の成果

  • ホイヘンスプローブをタイタンに着陸させた。
  • エンケラドゥスが氷のプルームを活発に吹き上げていることを発見。
  • 土星のリングが活発で動的であることを明らかにし、惑星形成の研究に寄与。
  • タイタンが地球のように雨や川、湖、海を持つ世界であることを発見。
  • 2010-2011年にかけて土星の北側で起きた大規模な嵐を調査。
  • 土星からの電波パターンは従来考えられていた土星内部の回転とは関係性がないことを確認。
  • リングの垂直構造を明らかにする画像を初めて取得。
  • タイタンの前生物的な化学研究。
  • イアペトゥス表面で見られる2重の明暗域の謎を解明。
  • 北極の6角形(ヘキサゴン)の様子を初めて完全に観察し、土星両極の巨大なハリケーンを発見。

参照:ウキペディア

補足説明
スイングバイ航法」とは、太陽系の惑星の前を横切ると、減速するが、後ろに回り込むと、機体が惑星の引力のせいで、加速できるそうで、この原理を使い、金星ー>金星ー>地球ー>木星の順に何度も、惑星を利用して、スイングバイ航法を繰り返し、加速してやっと土星の周回軌道に到着しました。

・NASA サイト
https://saturn.jpl.nasa.gov/

追記> 2017年9月13日
ドキュメンタリー専門チャンネル、「ナショナル ジオグラフィック」が、長年にわたり宇宙の新しい発見を地球に送り続け、2017年9月15日にその役目を終えるNASAの土星探査機“カッシーニ”の軌跡に迫る番組『土星探査機カッシーニ:最後のミッション』を2017年9月15日(金)午後11時より放送いたします。

・【番組公式ページ
http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2309

関連記事
アメリカ航空宇宙局(NASA)が、太陽系に類似し、生命存在の可能性がある、恒星「TRAPPIST-1」の周りを公転する7つの惑星を含む惑星系の存在を発表
米航空宇宙局(NASA)が、火星のインタラクティヴマップ「Mars Trek(マーズトレック)」を公開


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*