a2networkが、日本初!海外でも国内料金で使える定額Wi-Fiサービス「スカイベリー」を開始したことを発表

2017年9月13日
「a2network(株)」が、日本で初めて国内利用、海外利用を意識する必要なく、国内と同じ料金、同じ使い方でデータ通信が使える、ボーダレス定額Wi-Fiサービス「スカイベリー」を開始したことを発表しました。

そのまま海外に連れ出しても、ローミング料金なしで、高速通信が楽しめます。
Skyberryは、今までになかった国境の概念を覆した画期的なサービスです。

日本国外への出張や旅行だけでなく、国内でもソフトバンクモバイル回線を採用していますので速度の心配はありません。

Sponsored Links





※端末は、持ち運び便利な超軽量モデルで、ディスプレイも無く、OSも非搭載、
ボタンも1つだけのシンプル設計

■ スカイベリー端末代金(税抜) :19,800円

■ 利用料金とボーダレス対象国(税抜)
<料金プラン 月額料>
・  7GBプラン 3,980円
・12GBプラン 4,980円
・17GBプラン 5,980円
・30GBプラン 9,980円

※クラウドSIM接続時には、接続チャージが90円/24時間かかります。

利用例:7GBプラン契約時には下記、すべてのケースでデータ通信料は3,980円

・スカイベリー専用Webサイト :http://jp.skyberry.me

関連記事
BroadLineが、SIMカードを入れ替えることなく、約100カ国で利用できるモバイルWi-Fiルーター「G3000」を7月21日より発売すると発表
KDDIが、国内通信事業者として初めて、イリジウム衛星を利用するモバイルルーター「イリジウム GO!」を発売
SIMフリーの無線LANルーターとSIMフリーのホーム用無線LANルターについて、いくつかまとめて記載


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*