ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォン「WF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。

2017年9月5日、
ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォンWF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。 市場予想価格は、26,000円前後。

左右独立型ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を有しています。

SONYでも、今までも、Bluetoothワイヤレスイヤホンはありましたが、何だか「クワガタ」を耳にくっ付けたような、デカくてゴツイのばかりで、見向きもしませんでしたが、やっとまともな商品を出してきました。

他にも、ステレオヘッドホンなど、新商品が多数10月7日発売ですが、Appleの「Air Pod」に負けない左右完全分離型のBluetoothイヤフォンを待っていましたので、この商品のみ紹介します。

BOSEも、左右完全分離型Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundSport Free Wireless Headphones」を10月上旬に発売すると発表しましたので楽しみです。


Sponsored Links




2回分の充電が可能な、専用ケースを付属。さらに、ケースから取り外すだけで、自動で電源ONになるので、一度ペアリングを完了させた端末であれば、ケースから取り出すだけでBluetooth接続がスムーズに行えます。

特徴

ノイズキャンセリングのON/OFFや、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードのボイスモード/ノーマルモードの切り替えが可能。

アダプティブサウンドコントロール

ペアリングしているスマートフォンの加速度センサーにより、止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンの行動を感知。ユーザーの行動に合わせて、あらかじめ各パターンで設定しておいたノイズキャンセリングや外音取り込みのモードに自動で切り替えてくれます。

イコライザー

「Relax」や「Bass Boost」など8種類のプリセットからお好みのエフェクトを選べます。

ハンズフリー通話対応

スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能。エコーキャンセレーションとノイズサプレッションを用いることにより、高音質な通話が可能です。

耳元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作

本体に搭載されたボタンにより、スマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、ノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替え、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能。

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載

NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなら、ケースに搭載のNFCとワンタッチでBluetooth接続が可能です。

マルチペアリング

8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応。よく使う機器と一度ペアリングしておけば、2回目からのBluetooth接続がかんたんになります。

・商品 サイト
http://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000X/index.html

関連記事
BOSEが、左右完全分離型Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundSport Free Wireless Headphones」を10月上旬に発売すると発表


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*