BOSEが、左右完全分離型Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundSport Free Wireless Headphones」を10月上旬に発売すると発表

BOSEが、左右完全分離型Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundSport Free Wireless Headphones」を10月上旬に発売すると発表しました。
価格は249.99ドル(約2万8000円)

BOSEから、良さげなBluetoothワイヤレスイヤホンが出てきましたよ。 どこかの「はなたれPod」より、こっちの方が、断然かっこいいです。 値段はちょっと高いですが。。。

BOSEのヘッドフォンは、娘に上げてしまいましたが、使っていて、癖のない良い奴でした、BOSEのイヤホンはまだ、使用したことがありませんので、音を聞いてからですね。

ヨドバシカメラのオーディオ売り場には、最近、Bluetoothワイヤレスイヤホンが、どれを選んでいいか迷うくらい沢山、陳列していますが、半分以上は、何だか、ごついのばかりで、欲しいとも思いません。

Sponsored Links





付属の充電ケースに入れて充電します。 ケースに電源が入っていると、自動的にイヤフォンを充電します。

  • ヘッドフォン: 1.25インチ×1インチ×1.2インチ(0.5オンス)
  • ケース: 1.5 “H x 4” W x 1.9 “D(2.8 oz)

特徴
・接続
イヤホンが、最初にケースから取り外されると、自動的に検出可能モードになり、携帯端末で検出されます。 デバイスを接続してさらに機能を学習するには、Bose Connectアプリをダウンロードして接続プロセスを完了します。

・通話機能
SoundSport Freeヘッドフォンには、Bluetooth®HFPプロファイルをサポートしているスマートフォンに接続しているときにコール中に使用できるように、右イヤホンに内蔵されたデュアルマイクアレイが組み込まれています。 右のイヤホンで音声が聞こえます。 従来の通話に加えて、ヘッドフォンは、SkypeやFaceTimeなどのVoIP(Voice over Internet Protocol)を使用する多くのアプリで動作します。

音声認識アプリの動作
マルチファンクションボタンを1秒間押し続けると、この機能をサポートするモバイルデバイスで音声認識が開始されます。

充電
一回の充電で、バッテリー持続時間は単体で5時間。
・バッテリー内蔵の専用ケースに収納することで2回分の満充電(10時間分)が行えます。
バッテリーが消耗している場合は、15分の充電で最大45分の再生時間が得られます。

Bose Corporation アプリ

関連記事
ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォン「WF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。

ボーズが、小型Bluetoothスピーカー「SoundLink Micro Bluetooth speaker」を9月22日より発売すると発表

Apple Storeが、「AirPods」で採用された「W1」プロセッサを採用したワイヤレスイヤフォン「BeatsX」を販売開始
Beats by Dr. Dreが、ワイヤレスのイヤフォン2種類、ヘッドフォン1種類を発表
iPhone付属のApple純正の誰も使わない「鼻たれ」イヤホンを耳から落ちない様にする方法。
ハーマンインターナショナルが、「JBL」の高音質Bluetoothワイヤレスカナルイヤホン「DUET MINI BT」を9月15日(金)より発売すると発表
Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*