第2回 無線LAN どうやって?WiFi接続するの?

第2回目は、無線LANの仕組みについて  どうやって?WiFi接続するの?

無線LANの仕組みと、どんな風に繋がるのか、接続方法について記載します。
Sponsored Links





1.無線LANの仕組みについて 

無線LANルータ(親機)は、「俺はここにいるぞ!」といつも電波(ビーコン)を発信(SSID)しています。
子機の機能(WiFi)の付いた端末を接続するだけです。 パソコン、タブレット、DS、スマホもつながります。


Mac、Windows Vista、7、8では、通常、無線LANルータ(親機)側の「SSID」と「暗号化キー」を端末側に入力すれば、30秒で接続完了です。

XPは、ちょっと厄介です。
接続設定用のアプリが必要になりますが、これを使用すると、アッという間に、接続設定の仕組みを理解せずに終了してしまいますので、いつまでたっても自力で接続できないのです。

補足
デフォルトでルータ(親機)のSSIDステルス機能が「ON」になっている場合があります。
ステルス機能が「ON」になってい状態とは、「俺はここにいるけど、SSIDは教えないよ!」の状態です。

ですので、これをPC側の接続設定時に、SSIDと暗号化キーを調べて、セットしてあげないと、絶対に親機とつながりません。

接続ソフトを利用すると簡単に、ルータ(親機)のステルス機能が「ON」になっていても接続できます。
例としては、バッファローの「AOSS」などです。 最近は、ほとんどのメーカー製品に付いてきます。
簡単だが、ルータ付属のマニュアルを「よーく読まない」で実施すると、これもまた「失敗」します。

2.無線LAN子機の接続の方法を機器の購入形態で分類すると、下記の3点かと思います。

1)接続用のソフトを使用する

入した機器(親機、子機のセット商品)に接続用のソフト(クライアント用ユーティリティ)が同胞されていて、それをインストールして接続設定する場合。

この最も簡単な方法でも、最近は自分の周辺の家庭で、無線LANを使用していて、ユーティリティにアクセスポイント(ルーターが発しているビーコン)が複 数表示されて、自分の無線LANルータの機器番号(SSID)がどれか?認識できないで、隣のお家のルータに接続してしまう方がたまにいますね!!。 隣 のお宅のルーターにセキュリティがかかっていれば当然、つながりませんよ! 注意です!!!。

AppleのMACなどは、本当に簡単で、この「無線LANルータの機器番号(SSID)」を選択して、「暗号化キー」を入力するだけでつながります。 3秒で接続完了しますが、この選択をミスると、当然ですがつながりません。

自分の使用しているルーターの機器番号を事前に「認識」する必要があります。 (この機器番号(ESSID)を調べる方法は、読み進むと記載されています)。

2)親機(ルータ)、子機の製造メーカーが違う場合、子機側の接続用ソフトで接続する。

WindowsXPの場合は、アプリを使用した方が簡単ですが、Vista、7の場合は、ネットワークアダプタさえ選択できれば、アプリがなくても繋がります。

3)接続用のアプリが付いてないので —-> Windows XPのワイアレスネットワーク接続から接続設定する場合。

めんどくさいのは、Windows XPの入った「ミニノート」などがそうではないでしようか。


接続用の専用アプリは、Vista以降のOSでは、必要ありません。「無線LANルータの機器番号(SSID)」を選択して、「暗号化キー」を入力するだけでつながりますので。

 

3.どうやって?WiFi接続するの?

全部、共通ですので、ちゃんと「認識」してくださいね。
親機(ルーター)と自分の使っている子機(パソコン、タブレット、スマートフォン)を接続するのですが。。。

1)接続するために使用する親機(ルーター又はアクセスポイント)の情報は

「SSID(自分を識別するための機器番号 ESSIDとも云う)」と「暗号化キー」の2つだけです。

・親機は、自分はここに居るぞ!と、「SSID」をセットした「ビーコン」と云う信号を発信しています。
・暗号化キーは、親機と接続を許す為のキーです。

アクセスポイント(無線LANルーター)——————————–>  スマホ、PC、タブレット、DS
接続条件:通信規格(a、b、g、n)、SSID、暗号化キー
通信規格が合い、SSID、暗号化キーを入力すればつながる。

ですので、接続する側の端末に、接続するための画面が必ずありますので、該当機器(ルーター)の「SSID」を選択して、暗号化キーを入力すれば、10秒で接続完了です。

どこが難しいですか?

親機を購入して接続する場合や、公衆無線LANに接続するときも、この2つの情報さえ分かれば、あとは何も必要ありません。

2)ルーターとアクセスポイントの違い

家庭などで、区別ができていないと、「繋がらいだのへったくれだ」のとなりますので、ちゃんと区別して覚えてください。

例えば、光回線を家庭で導入しました。
WAN——->光終端装置———->NTTのレンタル有線ルーターを使用してインターネットに接続

NTTのレンタル有線ルーターに無線LANにする装置を付けると、毎月レンタル料金がかかりますので、別途、大抵は市販の無線LANルーターを購入して、家庭内で無線LANネットワークを構築しますが、

WAN——->光終端装置——–>NTTのレンタル有線ルーター-——->市販の無線LANルーター(アクセスポイント モードにする)

ルーターが2個になってしまいますので、市販の無線LANルーター側のルーター機能を止めます。 最近の市販ルーターは自動で識別してくれる商品も有りますが、無い場合は自分で設定変更する必要があります。

ルーター機能を止めた方をアクセスポイントと云います。有線で云えば、スイッチング「ハブ」みたいなものです。

このアクセスポイントに接続するには、アクセスポイントにした市販の無線LANルーターのSSIDとパスワードを入力すればいいだけです。

ルーター機能とは、
WAN側から入手したグローバルIPアドレスを保持して、LAN内の接続機器に対して、プライベートIPアドレスを振る機能を有している装置ことです。このルーター自身もプライベートIPアドレスを持っています(デフォルトゲートウエイとも言います)。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いは、自分で調べてください。

ルーターの接続設定画面も2つになりますので、NTTのレンタル有線ルーターと市販の無線LANルーターを認識していないと、アクセスポイントにしたルーターの接続設定画面にもたどり着けません。

特に、au光にして別途、市販の無線LANルーターを接続した場合、デフォルトゲートウエイのIPアドレスが、ipconfigコマンドを叩いても、表示されなくて設定画面に入り込めない場合があります。

追記
AOSS(バッファロー独自の簡単接続設定ツールアプリ)を利用した、ちょっと昔の「BUFFALO」の無線LANルーターの暗号化キーがやたら長いのですが、これを手で入力するのが、大変なのです。

次回は、「第3回 無線LANのセキュリティ設定について」です。

関連記事
今時の「無線LANルーター」、自分に合ったものを選ぶとしたら、何を基準に選んだら良いの?
第1回 無線LANって何?
第3回 無線LANのセキュリティ設定
第4回 無線LANのトラブルについて
第5回 公衆無線LAN(WiFi)サービスについて


Sponsored Links