NTTドコモとZTEが、共同開発した2画面スマホ「Axon M」を発表、日本ではドコモが「M Z-01K」として2018年1月に発売

2017年10月18日、
NTTドコモとZTEが、共同開発した2画面スマホ「Axon M」を発表、日本ではドコモが「M Z-01K」として2018年1月に発売する。
国内販売の価格は未定ですがミドルクラスより上の価格帯でしょうね。

デュアルスクリーンを備えた新しい折り畳み式のAndroidマートフォンです!!!

NTTドコモは、過去に1回、2013年春に発売した「MEDIAS W N-05E」(NECカシオ製)で失敗しています。 流行りませんでした。。。現在、アプリは「マルチタスク」で動きますので、使いこなせる方なら、ちょっと、使ってみたいマシンです。

パソコンを使いこなしている方なら、ちょっと、使ってみたいと思うのではないでしょうか。
Sponsored Links





4つの異なるモードで機能

  • デュアルモード :アプリの組み合わせで無限の可能性を提供し、消費者は一気に多くのことを行うことができます。
  • 拡張モード :6.75インチフルHDディスプレイでストリーミング、電子メール、ゲームを楽しむことができます。 拡張モードでは、好きなショーやムービーをいつでもどこでも大画面で見ることができます。
  • ミラーモード :友だちと向かい合わせに座って、同じコンテンツを1台の端末で見る。 ミラーモードでデバイスを折り畳んでテーブルに置き、2つの別々の側面から簡単に見ることができます。
  • 従来のモード :伝統的なモードでは使いやすくて片手で保持できる素晴らしい日常のスマートフォンを提供します。

・「Axon M」 ZTE サイト
https://www.zteusa.com/axonm/


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*