ソニーが、人工知能を搭載した新型「aibo(アイボ)」を発表

2017年11月01日、
ソニーが、人工知能を搭載した新型「aibo(アイボ)」を発表しました。

クラウド連携によってAIを搭載する自立型エンタテインメントロボット「aibo」(ERS-1000)は、2018年1月11日に発売予定。
ソニーストア限定販売予定で、2017年11月1日午後11時1分から予約受付が開始。

ソニーが、1999年より販売している「ペットロボット」の新型が発売されます。

Sponsored Links





超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしました。また、多彩な感情を繊細に表現する美麗な瞳には2枚のOLEDを採用しました。

多彩なセンサーを搭載し、画像、音声の認識・解析にはソニーの培ったディープラーニング技術を活用しました。また魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術を搭載し、オーナーに寄り添った生活を実現します。

本体とクラウドが連携して実現するソニー独自のAI技術です。本体のAIは、オーナーとのやり取りを学び、aiboを個性的に成長させます。

※オーナーになるには、「aiboベーシックプラン」への加入が必要になります。

商品/サービス ソニーストア販売価格(税抜き) 発売/サービス提供開始予定日
エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)『ERS-1000』 198,000 2018年1月11日
aiboベーシックプラン3年 一括払い 月払い
90,000円
(月あたり2,500円)
2,980 円 / 月
(36回)
aiboケアサポート 3年 1年
54,000 円
(月あたり1,500円)
20,000 円
(月あたり1,667円)

aibo ベーシックプラン

aiboを使用するためには、aiboベーシックプランの加入が必要となります。
aiboベーシックプランに加入すると、家庭でのWi-Fi接続やモバイル回線接続で、クラウドで解析された情報を元にしたaiboの成長や、専用アプリ「My aibo」との連携(aiboフォト、aiboストア)など、aiboのすべての機能をお楽しみいただけるようになります。また、定期的にaibo本体のデータはクラウドにバックアップされます。故障・事故等で修理が不可能な場合でも、バックアップされたデータを新しいaiboに復元するサービスの提供を予定しております。

・aibo サイト
http://aibo.sony.jp/


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*